松岡圭祐

  1. 万能鑑定士Qの事件簿IX

    はじめの一行忘れ物今年六十二歳になるコヴェントリー生まれのイギリス人、ケネス・アリンガムにとって、日本の新幹線の乗り心地は快適だった。…

  2. 水鏡推理6 クロノスタシス

    はじめの一行1向かいのデスクに、いるべきいない人がいないと意識するたび、葬儀への参列を思いだす。雨の降りしきる午後だった。灰いろの厚い雲…

  3. 万能鑑定士Qの事件簿VIII

    はじめの一行台湾のぞみにそっくり、というより、まるで同じに思える車両から抜け出すと、夜の高架ホームはこれまた日本の新幹線の駅にうりふたつ…

  4. クラシックシリーズ8 ヘーメラーの千里眼 完全版 下

    はじめの一行戦火昼と夜とではまるで別世界だ、美由紀は篠海家の玄関前に立ちそう思った。街路灯は見当たらず、家屋の窓という窓には雨戸が固くと…

  5. クラシックシリーズ8 ヘーメラーの千里眼 完全版 上

    はじめの一行遠雷八月の炎天下の日、雲ひとつない青空がひろがっていた。七十を過ぎると、日射もたいして応えなくなる。見渡すかぎりの広大な…

  6. 万能鑑定士Qの事件簿VII

    はじめの1行クリスマスイヴ鏡に映った自分の姿は、まさしく子供のころに思い描いた理想の女性そのものだ。モデルのプロポーションを基準にし…

  7. 催眠 完全版

    はじめの1行テレビ中継降りしきる雨が、窓ガラスをしきりに洗う。ひどく蒸し暑い。一部屋に大勢がひしめいているのだから、それも当然だった…

  8. 万能鑑定士Qの事件簿VI

    はじめの1行夢物語東京湾埋立地、芝浦埠頭の倉庫街は、真夜中になるとひとけが途絶える。ゆりかもめの駅が近くにあるが、この時刻には運行してい…

  9. マジシャン 最終版

    はじめの1行1歌舞伎町の裏路地は薄汚い。飲食店の換気扇が吐き出す厨房のにおいと、何のために流れているかわからない音楽が混然一体となり、斜…

  10. イリュージョン 最終版

    はじめの1行1警察学校を出ると、男の場合は交通勤務だが、女はたいてい交通課の配属になる。わりと安全な仕事とみなされているからだろう。実際…

  1. ビジネス書

    WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE. 〜現代の孤独と持続可…
  2. サアラ

    覚醒への道: 1億3000万年前、第8世界から地球に来た私
  3. ヴィクトール・E・フランクル

    夜と霧
  4. ビジネス書

    思い通りに相手を変える6つのステップ-インスタント・インフルエンス
  5. ビジネス書

    マンガでやさしくわかるU理論
PAGE TOP