松岡圭祐

  1. クラシックシリーズ6 千里眼 マジシャンの少女 完全版

    はじめの一行天気いつしか雨はあがり、濡れたアスファルトの香りが漂う歩道には、そこかしこに水溜まりができている。通り過ぎる車の振動にそ…

  2. 水鏡推理4 アノマリー

    はじめの一行1秋の陽射しは脆く、晴天があたりの緑を現職のまま浮かび上がらせようとも、光が目に沁みない。真夏の正午過ぎでも、家畜や奴隷のよ…

  3. 万能鑑定士Qの事件簿V

    はじめの一行ロワールフランスに住み始めてからの大きな変化は、とにかく日が長いことだ。とりわけ今の季節は、夜九時をまわってもまだ昼間の…

  4. クラシックシリーズ5 千里眼の瞳 完全版 (角川文庫)

    はじめの一行マイクロサッカード 時事共同通信社の記者、綿貫達彦は、入社四年目にして日本の歴史上でも最悪とされる事件の取材に駆り出された。…

  5. 水鏡推理3 パレイドリア・フェイス

    はじめの一行1国家公務員六十四万人いる。しかし、総合職試験に合格し中央省庁に採用されるエリートとなると、わずか一万五千人に限られる。…

  6. 万能鑑定士Qの事件簿IV

    はじめの一行サイレン『プリティ・ウーマン』のポスターに載っているジュリア・ロバーツとリチャード・ギアの写真は、顔だけが本人で、首から下は…

  7. 千里眼の復讐―クラシックシリーズ4

    はじめの一行チョコレート南京國際戦争監獄の老朽化は激しい。独房棟に長く伸びる狭い通路のコンクリート壁はいたるところで剥がれ落ち、雨漏りが…

  8. 水鏡推理Ⅱ インパクトファクター

    はじめの一行1志賀雄介は、デスクの上の鏡に映る、四十代前半にして後退しつつある額の生えぎわを眺めた。後頭部から左右にかけてはふさふさ…

  9. 千里眼 運命の暗示 完全版―クラシックシリーズ〈3〉

    はじめの一行ディフェンダー薄暗い部屋の中で、鍛冶光次はひとりたたずみながら、その女を眺めていた。身に着けているTシャツとジーパンは、…

  10. 万能鑑定士Qの事件簿III

    はじめの一行ボイスチェンジャー店内BGMに優先を使わず、CDの音楽を流しても、節約にはならない。CD代に電気代、かかるのはそれだけで…

  1. ビジネス書

    「Why型思考」が仕事を変える 鋭いアウトプットを出せる人の「頭の使い方」
  2. ビジネス書

    脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法
  3. ビジネス書

    思い通りに相手を変える6つのステップ-インスタント・インフルエンス
  4. ロルフ・ドベリ

    Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思…
  5. エイミー・C・エドモンドソン

    恐れのない組織――「心理的安全性」が学習・イノベーション・成長をもたらす
PAGE TOP