木宮条太郎

  1. 水族館ガール2

    はじめの一行プロローグ夕暮れの海岸、先輩が振り向き、私の名を呼ぶ。由香。由香は夢を見ていた。ああ、もう最高。「おい」とか「お前」…

  2. 水族館ガール

    はじめの一行プロローグああ、あくびが出る。由香は電話を置いて、大きく伸びをした。面倒くさいから、打ち合わせは電話で済ませた。おそ…

  1. 小説

    豆の上で眠る
  2. 中野明

    アドラー心理学による「強み」のマネジメント―アドラーとドラッカーの共通点とは何か…
  3. ビジネス書

    数学女子智香が教える 仕事で数字を使うって、こういうことです。
  4. ノンフィクション

    きょうだいコンプレックス
  5. 小説

    水族館ガール2
PAGE TOP