小説

  1. ツインソウル 行動心理捜査官・楯岡絵麻

    はじめの一行1場違いに響き渡る高笑いが不快で、西野圭介は眉根を寄せた。軽く顔をひねり、ちらりと左に視線を滑らせる。背中が見えた。…

  2. プラチナタウン

    はじめの一行第一章「ラーメンからミサイルまで」とは総合商社のビジネスを表す時に用いられる表現としては、随分手垢がついたものだが、売れるも…

  3. 和菓子のアン

    はじめの一行和菓子のアン高校を卒業する前に偶然、街頭インタビューのようなものを受けたことがある。インタビュアーに「将来の夢は?」…

  4. マスカレードホテル

    はじめの一行1電話が鳴った。内線電話だった。十六階のえればーたホールにある館内電話からだ。山岸尚美は、嫌な予感を覚えた。ついさっき、一人…

  5. 万能鑑定士Qの推理劇 III

    はじめの一行千葉鑑定団千葉県内の国道沿いには、倉庫のように巨大なプレハブ平屋建てに”なんでも買います”と看板を掲げた、キッチュで仰々しい…

  6. 無限連鎖

    はじめの一行プロローグ贅をつくしたどんなホテルでも、舞台裏は粗末なものと相場は決まっている。ここも例外ではなく、広大な地下の空間は打ちっ…

  7. 高校事変

    はじめの一行1総理大臣の最後の日課は、午前零時すぎ、私設秘書への電話だった。おやすみ、一言だけそう告げる。これで公邸にいる秘書が、番記者…

  8. 空飛ぶ広報室

    はじめの一行空飛ぶ広報室航空自衛隊の戦闘機(ファイター)パイロットは戦闘飛行隊(TAC)で使う愛称としてタックネームをそれぞれ持っている…

  9. 万能鑑定士Qの推理劇II

    はじめの一行シャーロック・ホームズ十二世紀に設立された聖バーソロミュー病院では長いこと、患者が入院する際に葬式費用を請求していた。これは…

  10. 全身麻酔

    はじめの一行朝の手術室真っ黒な窓のない部屋に、パチパチとスイッチを押す音が響いた。突然照明が灯り、室内が一気に明るくなった。一月十一…

  1. 小森圭太

    科学的 潜在意識の書きかえ方
  2. ノンフィクション

    物語として読む 全訳論語 決定版
  3. ノンフィクション

    カタカムナ 言霊の超法則: 言葉の力を知れば、人生がわかる・未来が変わる!
  4. ビジネス書

    20字に削ぎ落とせ ワンビッグメッセージで相手を動かす
  5. 小説

    高校事変
PAGE TOP