神田昌典

  1. 人間学×マーケティング (未来につづく会社になるための論語と算盤)

    はじめの一行まえがきあなたに今、魔法の杖を授けるとしたらーーーいったい何を実現したいだろうか?一攫千金をさくっとあてて、悠々…

  2. インパクトカンパニー 成熟企業を再成長させる、シンプルな処方箋

    はじめの一行序文 文明開化へ、ようこそもっぱら勤むべきは人間普通日用に近き実学なり。譬えば、いろは四十七文字を習い、手紙の文言、帳合いの…

  3. 成約のコード デジタルツールと営業現場を連動する最強ノウハウ

    はじめの一行はじめに怖い話をしよう。記録的な猛暑が続いた、2018年8月のことである。私はクライアント先の住宅販売の、営業部長に尋ね…

  4. 2022―これから10年、活躍できる人の条件

    はじめの1行はじめにそりゃ懺悔したいことは、たくさんある。だけど、自分の人生、手抜きじゃなかった。バカだとわかっていたって、飛び込んだ。…

  5. あなたの会社が90日で儲かる-―感情マーケティングでお客をつかむ

    はじめの1行なぜあなたはこの本を手に取りましたか?タイトルが気になったから?ピンクの表紙が目立ったから?なんとなく無意識のうちに…

  6. おもてなし幻想 デジタル時代の顧客満足と収益の関係

    はじめの一行日本の「おもてなし」は、単なる「おせっかい」だった?まずは、この本を読む価値をあなたに手間をかけることなく、シンプルにお…

  7. セス・ゴーディンの出し抜く力: 先がわかる人は、何を見ているか

    はじめの一行監訳者のことば本書には、著者によるまえがきではなく、まずは監訳者の言葉として、神田昌典氏の言葉が紹介されています。比較的…

  8. 潜在能力でビジネスが加速する――才能を自然に引き出す4ステップ・モデル

    はじめの一行大人が学習するということ以下は、監修者である神田昌典さんの序文です。私たちの多くは、知識を学ぶことは得意である。とこ…

  9. 成功のための未来予報

    はじめの一行めずらしく前書きのない神田本神田昌典さんといえば、かなり気合の入った前書きを書く人。私の中では、そういう認識があります。…

  10. らせんの法則で人生を成功に導く 春夏秋冬理論

    はじめの一行やはりこだわりのまえがき・・・?本書の書き出しはこんなふうに始まります。「成功する人」と「成功しない人」ーーーーーーー…

  1. 自己啓発

    20代にしておきたい17のこと
  2. 住野よる

    君の膵臓をたべたい
  3. ダン・S・ケネディ

    天才詐欺師のマーケティング心理技術
  4. ノンフィクション

    人が自分をだます理由:自己欺瞞の進化心理学
  5. お悩み解決〇〇に効く本

    社員のやる気を出したいとき、どんな本が参考になるのか?
PAGE TOP