白井智之

  1. 東京結合人間

    はじめの一行プロローグ大樹の締まった肛門に、千果の人差し指がゆっくりと押し入ってきた。「あ、千果・・・・・・、まだ早えよ」陰部を…

  2. 人間の顔は食べづらい

    はじめの一行グロなタイトル、グロな描写この小説、そもそもタイトルが気味が悪い。この君の悪さがそのままキャッチコピーになっているのかも…

  1. ビジネス書

    1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え
  2. 小説

    記憶屋
  3. 中島輝

    何があっても「大丈夫。」と思えるようになる 自己肯定感の教科書
  4. 七尾与史

    ドS刑事 朱に交われば赤くなる殺人事件
  5. 小説

    人間の顔は食べづらい
PAGE TOP