2017年 10月

  1. ココロ直

    ナユタン星からのアーカイヴ

    はじめの一行風変りいっっぷう変わった小説は、こんなふうに始まります。「ワレワレは宇宙人だ」メダ子は、表情筋をピクリとも動かさずに…

  2. アービンジャー・インスティチュート

    自分の小さな「箱」から脱出する方法 ビジネス篇 管理しない会社がうまくいくワケ

    はじめの一行ハッとさせられる問いかけ本書のはじまりは、知っているようで知っていない、ハッという問いかけから始まっています。ああ、そう…

  3. 清水義久

    金運・仕事運・商売運なら「住吉の神さま」にまかせなさい

    はじめの一行しびれる言葉本書の前書きは、以下のような感じ。その内容自体は、安易な神頼みに対する警鐘というか、そんなところの話でスター…

  4. 小説

    記憶屋

    はじめの一行都市伝説この小説は、記憶屋という都市伝説が話の中心になっています。その記憶屋というのはしかし、都市伝説というには情報は少…

  5. ひすいこたろう

    世界一ふざけた夢の叶え方

    はじめの一行いきなり結論冒頭から結論というパターンの前書き。これ、意外と見かけますね。ちょっと不安定な感じで結論を見せることで、…

  6. ビジネス書

    凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク

    はじめの一行逆説で始まる書き出し普通の人が思っている事の逆を行く。頭の中のバランスを崩すには、正攻法と言えるやり方ですね。セール…

  7. ビジネス書

    今日からお客様が倍増する売れる力学―たったこれだけで業績が上がる107のポイント

    はじめの一行販売は科学?販売の現場というのは、なかなかその力学が見えにくい。そんな科学を解き明かそうというのが本書の趣旨。業績ア…

  8. ビジネス書

    成功のための未来予報

    はじめの一行めずらしく前書きのない神田本神田昌典さんといえば、かなり気合の入った前書きを書く人。私の中では、そういう認識があります。…

  9. 來夢

    らせんの法則で人生を成功に導く 春夏秋冬理論

    はじめの一行やはりこだわりのまえがき・・・?本書の書き出しはこんなふうに始まります。「成功する人」と「成功しない人」ーーーーーーー…

  10. ダリル・アンカ

    バシャールのワクワクの使い方・実践篇

    はじめの一行本田健とバシャールの共通点本書のはじまりはこんな感じです。このたび、バシャールとコラボレーションした3冊目の本をお届けで…

  1. ビジネス書

    親の会社を継ぐ技術~後継者のゆく手をはばむ5つの顔を持つ龍とのつきあい方~
  2. ビジネス書

    凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク
  3. たむらようこ

    ざんねんな努力
  4. アン・ハンドリー

    コンテンツ・マーケティング64の法則
  5. GACKT

    GACKTの勝ち方
PAGE TOP