ビジネス書

毎日読みたい365日の広告コピー




はじめの一行

プロローグ

広告コピーとは、ある商品や企業の魅力を伝えるために考えられたものです。
しかしその中には、ただ消費を促すための言葉ではなく、わたしたちの人生に気づきや希望を与えてくれる言葉がたくさんありました。

「名前は、親が子供に送る、はじめての手紙なのかもしれない。」(パイロット コーポレーション)
文具メーカーのコピーを読んで、「手で書くこと」の大切さを思い出したり。

「今日ドキドキしない人は、来月もドキドキしない人です。」(ロッテ )
2月、バレンタインの季節にドキリとする言葉を投げかけられたり。

「見事なサクラであればあるほど、長い冬の時間、耐えてきたことを思うのでした。」(東海旅客鉄道)
3月、咲きはじめた桜が去年とは違って見えるようになったり。

「死にたいと思えるうちは、まだ生きている。」(浄土宗 西林寺)
本当につらいとき、一筋の光となったり。

毎日読みたい365日の広告コピー

本書を手に取ってぱらぱらっとめくってみると、大きな文字で印象的なキャッチコピーが。
この本を買った人の多くは、まえがきを見て買ったというより、本文を少し読んで買った人が多いのではないでしょうか。
キャッチコピーだけに、人の心を惹きつける言葉が非常に多い。
これにはやられましたね。

本書の内容

絞り出された言葉の数々

短いものは1行。
長くとも、ページを埋めるほどの分量にもならない。
その短い言葉、文章の中に、グッと思いを凝縮する。
これをプロのコピーライターが、骨身を削りながら紡ぐ文章。
まあ破壊力がないわけがないんですよね。

実際に読んでいると、クスっと笑えたり、頑張ろうと思えたり、
本質をえぐっていたり、感動させられたり。
数行の言葉の中にストーリーがあります。

そのストーリーは、自分が持つ記憶と結びついて自然発火してしまう。

そういう狙いがあるのはわかっているのですが、心惹きつけられずにはいられません。

勉強するというより

コピーを書く人は、日々さまざまな文章を読んで研究されてることと思います。
本書を手に取った方の内の一部は、そんなつもりもあったのかもしれません。
しかし、ここに出てくるコピーは勉強するというより、鑑賞するに値するものばかり。
365日分のドラマがそこにあるんじゃないかな、と思えます。

で、カバーには憎い演出がされています。
日付が全部書かれてるわけです。
でもって、誰かに贈るとき、その日付に〇をしておく。
受け取った人が、丸を付けた日にちのページを開く。
これがメッセージになるんですね。

自分で手に取るだけでなく、大事な人に送りましょう、と。

さすが、広告の最前線の内容を網羅している本だけに、拡散を狙ったのでしょうか(笑)
まあそんな戦略にも乗ってみたくなる一冊です。

Amazonでのご購入はこちら

楽天でのご購入はこちら 毎日読みたい365日の広告コピー [ WRITES PUBLISHING ]

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ピックアップ記事

  1. 成長マインドセット
  2. ある犬のおはなし
  3. はじめに
  4. 脳は「ものの見方」で進化する
  5. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

関連記事

  1. ビジネス書

    副業・人脈・好きなこと 人生が変わる「オンラインサロン」超活用術

    はじめの一行はじめに「資格を取ったけど、仕事で…

  2. ビジネス書

    伝わっているか?

    はじめの一行「伝える」から「伝わる」へ 考え方を少…

  3. ビジネス書

    教えない授業――美術館発、「正解のない問い」に挑む力の育て方

    はじめの一行はじめにーーー学び方の革命「A君、…

  4. ビジネス書

    メモの魔力 The Magic of Memos

    はじめの一行序章「メモの魔力」を持てば世界に敵…

  5. ビジネス書

    人はなぜコミュニティーをつくるのか

    はじめの一行はじめに現在、私は、ファンづくり営…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ジョシュア・ウルフ・シェンク

    POWERS OF TWO 二人で一人の天才
  2. ピエール・ルメートル

    その女アレックス
  3. ビジネス書

    年間報酬3000万円超えが10年続く 独立系コンサルタントの成功戦略
  4. 小説

    水族館ガール
  5. ビジネス書

    マーケティングとは「組織革命」である。 個人も会社も劇的に成長する森岡メソッド
PAGE TOP