ノンフィクション

ある犬のおはなし




はじめの一行

はじめに

いま、日本では、
年間5万匹以上もの犬や猫の命が
人の手によって失われています。

ドイツでは、行政で殺処分という制度を認めていません。
イギリスには、アニマルシェルターがあります。
エクアドルでは、自然生態系にも生存権があります。

いま、この国で、
起きていることを知ってください。

ある犬のおはなし(Kaisei)

本書の始まりは、著者による悲痛な叫びが記されています。
関心のある人にとっては関心があるけど、
そうでない人には全く関心のない話題。
殺処分を題材にした絵本です。

本書の内容

飼い主と暮らした日々

本書は、絵本です。
以前、Facebookでずいぶんと話題になった絵本。
ですから、あらすじを話してしまうのもどうかと思います。
出だしだけをお話しすると、ある犬が、ある家庭にやってきた。
その犬の視点から書かれた、犬の生涯を描いた物語。

私はこれを涙なくして読めません。
実は、初めて読んだのはずいぶん前ですが、いま改めて読み直しても同じ思いがよみがえります。

この本の収益の一部は、確か犬の殺処分を防止するための活動に充当されるとあったような気がします。
もし、そんな思いに共感されたなら、ぜひ一冊お買い求めいただきたいですし、お友達にも勧めていただければと思います。

Amazonでのご購入はこちら

 

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




こうすれば組織は変えられる!―「学習する組織」をつくる10ステップ・トレーニング前のページ

まわしよみ新聞をつくろう!次のページ

ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. 脳は「ものの見方」で進化する
  3. ある犬のおはなし
  4. 成長マインドセット
  5. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

関連記事

  1. ノンフィクション

    脳の取扱説明書 (今を生きる)

    はじめの一行はじめにこの本を手にとってくださり…

  2. ノンフィクション

    大笑い! 精神医学

    はじめの一行精神医学の告発本もともとこの前に『…

  3. ノンフィクション

    人が自分をだます理由:自己欺瞞の進化心理学

    はじめの一行序章【部屋の中のゾウ】名詞。認めた…

  4. ノンフィクション

    時間とテクノロジー

    はじめの一行はじめに最初に、奇妙な問いかけから…

  5. ノンフィクション

    無一文からのドリーム

    はじめの一行はじめに二〇一四年一〇月にYouT…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 太田英基

    日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。
  2. つのだじろう

    恐怖新聞(2)
  3. スピリチュアル

    あの世はどこにあるのか
  4. デイブ・ラクハニ

    説得の心理技術
  5. 小説

    贖罪
PAGE TOP