吉田行宏

成長マインドセット




はじめの一行

プロローグ

成長って何だっけ?
なぜ、成長できないんだろう?

第1章のはじめ、本書の主人公の山田さんが、頭の中でつぶやくセリフです。忙しい日常では、あらためて『成長』について考える機会は少ないかもしれません。しかし、『成長』の理解を深めることで人生が劇的に変わるとしたら、あなたはどうしますか?
人はだれでも、自分の人生をより豊かで幸せなものにしたいと願っています。そして、それらを手に入れるために、『成長』はとても重要な要素だと思います。

成長マインドセット(吉田行宏)

本書は、人の「成長」を扱った本。
よくよく考えてみたら、成長をテーマにした本って意外と少ないような気がします。
それをストレートに扱った本なのですが、これが「成功」ではなく、「成長」であることに深い意味があります。
きっと「成功マインドセット」だったら本書を手に取っていないかもしれません。

本書の内容

道は一人一人違う

何かを上手にやろうとしたとき、その練習法は人によって違うと思います。
そしてそのやり方もまた、微妙な違いがあると思います。
多くのノウハウ書は、それを成功者である著者流をおしえ、この通りにやってみな、と提案します。

しかし、本書はまったく違います。
正解を出すわけでもないし、固定的な方法をんを提示するわけでもありません。
考え方の枠組みを提示し、自分で答えを出すように計画された本だと思います。

大雑把な考え方の枠組みは提示されていますが、その中を埋める答えは自分で探してください。
本書は一貫してそういうスタンスで進められています。

他責

本書の1つのクライマックスは、「自責か、他責か」というところのように感じました。
成長を実感できない、成果が上がらない原因の一つに、自分事としてとらえていないというところがあるようです。
たとえば、「あいつが悪い」「会社が悪い」「環境が悪い」などなど。
こういった、コントロールできない部分を指摘し続けてる以上、状況は変わらない。
そういったことを教える・・・というより気づかせるように工夫されています。

ワークショップ

本書を通して読むと、人生の達人的なコーヒーショップのマスターと、主人公である山田君のやり取りが中心です。
これを山田君の中に自分が入ってみると、そのまんまワークショップに参加しているかのように話は展開していきます。
山田君も、読者の思考を邪魔しないレベルでの発言しかしないので、いい感じでワークに取り組めます。

ぜひとも、ここで提示されているワークは一通りやってみたいところです。

朗報なのは、この秋には、組織篇が発売されるようです。
要チェックですね。

本書は、自分で使うもよし、家族や仲間、会社やチームなどで使うもよし。
本質的な人の成長を促したいとき、取り出すべき一冊だと思います。

Amazonでのご購入はこちら

楽天でのご購入はこちら 成長マインドセット 心のブレーキの外し方 [ 吉田行宏 ]

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




まわしよみ新聞をつくろう!前のページ

カスタマーサクセス――サブスクリプション時代に求められる「顧客の成功」10の原則次のページ

ピックアップ記事

  1. 脳は「ものの見方」で進化する
  2. ある犬のおはなし
  3. 成長マインドセット
  4. はじめに
  5. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

関連記事

  1. 中島輝

    何があっても「大丈夫。」と思えるようになる 自己肯定感の教科書

    はじめの一行あなたの「自己肯定感」は、今どうなって…

  2. 佐々木典士

    ぼくたちは習慣で、できている。

    はじめの一行はじめにぼくはいつも自分のことを「…

  3. ひすいこたろう

    世界一ふざけた夢の叶え方

    はじめの一行いきなり結論冒頭から結論というパタ…

  4. ヴィクター・J・ストレッチャー

    目的の力

    はじめの一行始まりの物語実は本書は、ちょっとした物語から始まり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 並木良和

    分離から統合へ -「人類の目覚め」を紐解く二つの異なる切り口
  2. マンガ

    「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)
  3. ビジネス書

    業界破壊企業 第二のGAFAを狙う革新者たち
  4. 実用書

    四十肩・五十肩は自分で治せる!
  5. こばりひさ

    人をうごかすふしぎな力
PAGE TOP