マンガ

視えるんです。4




はじめの一行

下町ノスタルジア

皆様 こんにちは
各雑誌で自分の
不可思議な体験を
描かせていただいて
おります
霊感漫画家
伊藤三巳華です

小さいころから三日に一度は
幽霊におどかされて
それが当たり前の日常と
思って育ちました

霊感と言っても
祓ったりできるわけではなく
ただ視えて怖がって逃げる
だけです

視えるんです。4(伊藤三巳華)

いつもの語りで始まった本書も今回が四巻。
私、結構好きなんです。

本書の内容

テレビ番組の企画

本書は、はじめにご紹介したとおり、霊感漫画家である伊藤三巳華さんの体験した物語。
ということで、1~3巻までは順調に発売されたのですが、なかなか4巻が出なかった。
この間、「スピ☆散歩」という単行本は出てたのですが・・・。

私はこっちのほうが好きなので、楽しみにしてたのですが、あとがきに説明がありました。
けっきょく、自身に降りかかる体験談を書くのが本書。
ということで、ネタ切れもあるようで(苦笑)

今回は、多くの話が彼女の過去の経験談、ということになっています。
一発目が、京都の愛宕山。

関西のテレビ番組の取材に行った様子が描かれています。
実はその番組のほうがこちら、YOUTUBEにアップされておりました。
19分14秒あたりからです。
ご興味があればどうぞ。

フィリピンでのマンゴーの樹事件

さて、今回の最大のクライマックスは、フィリピンでのマンゴーの樹事件。
伊藤三巳華三のご主人はスリランカ人。
でもって親戚関係、けっこう国際的です。
どういう関係か忘れましたが、親類にフィリピンの人がいまして、そのお宅を訪れます。

そこでであった、なんともびっくりな体験は、なかなかに興味深いものです。

 

この「視えるんです」のだいご味の1つは、単に恐怖体験が「怖い」で終わらないことが多いこと。
その体験の背景にある物語があって、解明できるときもあればできないこともあるのですが、そこの意味を著者が探検していくところでしょう。
最終的に、ああ、そういうことか、というところがなんとも楽しいのです。

単に怖がらせるというより、見えない世界の住人にも、彼らなりの理由がある。
そんなことを考えさせられる一冊です。

Amazonでのご購入はこちら

楽天でのご購入はこちら  視えるんです。(4) (HONKOWAコミックス) [ 伊藤三巳華 ]

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




 

ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. 成長マインドセット
  3. ある犬のおはなし
  4. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  5. 脳は「ものの見方」で進化する

関連記事

  1. マンガ

    ダンナさまは幽霊 霊界だより

    はじめの一行プロローグ8年間の闘病の末私の…

  2. マンガ

    「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

    はじめの一行働きすぎてうっかり自殺しかけました。し…

  3. つのだじろう

    恐怖新聞(4)

    はじめの一行不幸の手紙この手紙は不幸という死神…

  4. マンガ

    視えるんです。5

    はじめの一行シンリテキカシツブッケン?はじめま…

  5. マンガ

    小説 ブラック・ジャック

    はじめの一行BJ VS AI「弓部大動脈置換術…

  6. つのだじろう

    恐怖新聞(1)

    はじめの一行はじめにわたしたちの住んでいる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ビジネス書

    売れる文章術
  2. ビジネス書

    実験思考 世の中、すべては実験
  3. ノンフィクション

    拡張の世紀
  4. 心屋仁之助

    心屋流 ちょっと変わった夢の叶え方
  5. ジョシュア・ウルフ・シェンク

    POWERS OF TWO 二人で一人の天才
PAGE TOP