ノンフィクション

しらずしらず――あなたの9割を支配する「無意識」を科学する




はじめの一行

はじめに

私たちに起こるすべての事柄がもっている、これらのサブリミナルな側面は、日常生活にはほぼ役割を果たしていないように思われるかもしれない。しかしそれらは、私たちの意識的思考の、ほぼ表に現れない源泉となっている。

---カール・ユング

1879年6月、アメリカ人哲学者で科学者のチャールズ・サンダース・パースは、ボストンからニューヨークへの蒸気船の船旅の途中で、個室から金時計を盗まれた。パースは盗難のことを知らせ、船員をデッキに整列させた。そして全員を問い詰めたが、らちがあかなかった。するとバースは、少し歩きまわってから、思いがけない行動に出た。犯人を言い当てようとしたのだ。

しらずしらず――あなたの9割を支配する「無意識」を科学する(レナード・ムロディナウ)

こういった科学に関する読み物の始まりは、やはりこういったちょっと興味深いエピソードで始まるのが定番のようですね。
この話が面白いと、ついつい最後まで読んでしまうし、つまらないとだんだんと詠むのがツラくなる、というのはけっこうある話。
本書は、ある推理小説さながらのシーンから始まりました。

本書の内容

無意識

本書のテーマは「無意識」です。
人は知らず知らずのうちに、さまざまな行動をとっています。
たとえば、人は同じ名前というだけで親近感を感じる。
目の前で話している人が入れ替わってもわからない。

また、犯罪者の目撃情報はとんでもなくあいまいで、記憶のすり替えなんかも簡単にできてしまう。

私たちが信じているものは意外とうつろなもので、私たちは脳のブラックボックスで処理された論理的に破壊せない行動を時としてとります。

本書は、「無意識」を軸にした、脳科学を中心とした事例を集めたコラム集とでも言いましょうか。
ただ、一冊全体を通じて何かを解き明かそうというものではなさそうです。
人の無意識では、こんなこともあれば、あんなこともある、といった様々な出来事、実験をしるための本かな、という印象を得ました。

無意識から逃れるために

この無意識に日ごろの行動を任せていると、結局同じところをぐるぐる回ることになりがちです。
また、本当の答えが得られないこともある。
まあいってみれば、自動機械のようなものですから・・・

で、本書ではそこから逃れる手段についても、取材・研究された成果が示されています。
知らず知らずにやってしまってる、ちょっと困った行動。
そういったことを考え直すきっかけとして使える一冊ではないかと思います。

Amazondでのご購入はこちら

楽天でのご購入はこちら  しらずしらず あなたの9割を支配する「無意識」を科学する [ レナード・ムロディナウ ]

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. 脳は「ものの見方」で進化する
  3. 成長マインドセット
  4. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  5. ある犬のおはなし

関連記事

  1. ノンフィクション

    12階から飛び降りて一度死んだ私が伝えたいこと

    はじめの一行はじめに数万の人が自ら命を絶つ日本…

  2. ノンフィクション

    ユング心理学入門

    はじめの一行はしがきスイスの精神医学者ユングの…

  3. ノンフィクション

    未来の年表 人口減少日本でこれから起きること

    はじめの一行認識の誤り本書は人口問題、少子高齢…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ベネディクト・キャリー

    脳が認める勉強法――「学習の科学」が明かす驚きの真実!
  2. グレッチェン・ルービン

    人生を変える習慣のつくり方
  3. 本田健

    大富豪からの手紙
  4. つのだじろう

    恐怖新聞(3)
  5. ピーター・F・ドラッカー

    ドラッカーの遺言
PAGE TOP