ビジネス書

伝わっているか?




はじめの一行

「伝える」から「伝わる」へ 考え方を少し変えるだけで、効果は劇的に変わる

その悩み、すべて、解決できます

部長に頼まれた仕事。徹夜して頑張ったのに、怒られた。
ケンカした友達に、どうやって誤っていいかわからない。
子供にもっと勉強させたいのに、何を言ってもやる気を出してくれない。
彼女をホテルに誘いたいけど、どう言っていいのかわからない。
新しい商品の良さがどうしても伝えられない。
何日も考え続けているのに、アイデアが何も思いつかない。
周りは面白いことを言うのに、自分はつまらない事しか思いつかない。

伝わっているか?(小西利行)

本書の著者は、コピーライター。
あの「伝え方が9割」の著者佐々木圭一さんの先輩だとか。

ということで、もう本全体がコピーライティングの世界です(笑)
伝えるから伝わるへ、という書き出しからコンセプトがわかりやすいし、直感的に内容を理解できる。
とはいっても、奇をてらったものでもなく、安心して読むことができました。

本書の内容

伝えるから、伝わるへ

私たちの多くは、何かを伝えようとする。
そうすればするほど、私たちの意向は伝わりにくくなる。
それはすなわちエゴだから。

何かしらの情報発信や、主張は、聞き手のことを考えながら行わなければならない。
それが、「伝える」から「伝わる」への移行である。
本書をざっくり伝えるなら、こんな内容だと思います。

実際にはかなり具体的な事例が出てきて、それに「いるか」が答える。
このイルカがなかなか面白くて、小難しい話を非常にわかりやすく説いています。

で、なんでイルカ?と思ってたのですが、タイトルの「伝わっているか?」→「伝わってイルカ」なんだ、という駄洒落に気づいたのは本書を読み終えた後でした(;^_^A

事例はモノを売るだけではない

コピーライターというと、モノを売るイメージが強いですが、本書はそれだけにはとどまりません。
目次からピックアップしていきますと・・・

・人気のなかったナポリタンが、たった一日で人気商品になった理由とは?
・不細工な男ふたりが、会社一の美人と合コンできた理由とは?
・商店街の不法投棄ごみが、たった一晩でなくなった理由とは?
・何もない過疎の村に、突如観光客が押し寄せた理由とは?
・ダメ社員のアイデアが、いきなり褒められるようになった理由とは?
・お金を一円も使わずに、新商品が飛ぶように売れた理由とは?
・離婚寸前の夫婦が、仲睦まじい夫婦になった理由とは?
・嫌われ者だった部長が、部下に慕われる憧れの上司に慣れた理由とは?
・つぶれかけたゲイバーが、大繁盛した理由とは?
・考えるのが苦手だったももこが、頑張って考えるようになった理由とは?

ということで、割といろんなジャンルに言及されています。

言葉は人をうごかすというのもありますが、言葉は現実社会をどうとらえるかにも影響を及ぼします。
そういう意味では、言葉を極めるというのはとても大事なことなのかもしれません。

Amazonでのご購入はこちら

 楽天でのご購入はこちら  伝わっているか? [ 小西利行 ]

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ピックアップ記事

  1. ある犬のおはなし
  2. 脳は「ものの見方」で進化する
  3. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  4. はじめに
  5. 成長マインドセット

関連記事

  1. ビジネス書

    売上を、減らそう。たどりついたのは業績至上主義からの解放

    はじめの一行はじめに・ランチのみの国産牛ステー…

  2. ビジネス書

    全員経営者マインドセット――MSマトリクスで実現する次世代組織

    はじめの一行まえがきあなたの会社には、社長は何…

  3. ビジネス書

    年間報酬3000万円超えが10年続く 独立系コンサルタントの成功戦略

    はじめの一行★「コンサルタントで本当に食べていける…

  4. エイミー・C・エドモンドソン

    チームが機能するとはどういうことか

    はじめの一行専門書らしく・・・どちらかといえば…

  5. アン・ハンドリー

    コンテンツ・マーケティング64の法則

    はじめの一行コンテンツマーケティング、文章…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. アーリック・ボーザー

    Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ
  2. ビジネス書

    読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術
  3. ジェームズ・W・ペネベイカー

    こころのライティング―書いていやす回復ワークブック
  4. ノンフィクション

    ぼくはお金を使わずに生きることにした
  5. ボー・ロット

    脳は「ものの見方」で進化する
PAGE TOP