小説

水族館ガール




はじめの一行

プロローグ

ああ、あくびが出る。
由香は電話を置いて、大きく伸びをした。
面倒くさいから、打ち合わせは電話で済ませた。おそらく何の支障もない。一年前も同じようなことを喋り、同じような結論を出した。来年もそうするに違いない。
「嶋君。嶋由香くん、ちょっと来てよ」
応接室で課長が手招きしていた。猫なで声、しかも、フルネームで呼ばれる。こんな時は、いつもろくなことがない。
「早く、早く。手ぶらでいいからさ」

水族館ガール(木宮条太郎)

お仕事小説というジャンルになるのでしょうか。
表紙につられて買いました(笑)

本書の出だし、「ああ、あくびが出る」というのは、けっこう考えられた出だしじゃないでしょうか。
わかりやすい叙述ではなくて、ちょっと「あれ?」と思わせるアンバランスさ。

どこかゆったりした状況から、主人公、由香の生活は一変するのですが・・・

本書の内容

突然の出向辞令

冒頭のシーンは、物語を時系列で描いています。
何の面白みもない仕事(役所の仕事)のなかで、何の変化もない生活を送る由香。
彼女が、この課長からのお話で、水族館に出向となる。
これが実質的な物語の始まりです。

決まりきった役所の仕事、みんながスーツを着て仕事をする役所。
当たり前すぎる風景が、この課長の一言で一変してしまう。

個性豊かな人々

水族館で出会う人たちは、個性豊かな人々。
先輩は何とも取り付く島もない様子。
魚オタク的な人だったり、気難しそうな上司。

そんな中で、ここで働く人たちの、水族館にかける熱い思いを感じ取る。
それぞれがそれぞれの水族館像をもっていて、そこに向かおうと頑張っている一方、限界もある。
水族館は、営業しなくともつねに経費を食い続ける。
エサ代に、浄水や、温度管理。
もう金食い虫なわけです。

そのはざまの中で最大限、その役割を全うすべく奮闘する人たち。
そんな彼らに共感し始めたころ、ある事件が起こる。
その事件を通じて、由香は成長し、さらに水族館ガールとしての自分の立ち位置を明確にしていく。

本書のテーマ

私なりに感じ取った本書のテーマは、一つは水族館というものが見かけほど浮ついたものではないということを広く知らしめること。
そして、由香という主人公の成長を見せること。
さらに、由香の成長に応じて、周囲もまた変化していくこと。
そんなドラマが詰まった作品じゃないかと思います。

ちなみに、続編も随分と出ているようです。
由香の恋の行方も、ちょっとばかり気になります。

Amazonでのご購入はこちら

楽天でのご購入はこちら   水族館ガール (実業之日本社文庫) [ 木宮条太郎 ]

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ピックアップ記事

  1. 成長マインドセット
  2. 脳は「ものの見方」で進化する
  3. はじめに
  4. ある犬のおはなし
  5. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

関連記事

  1. 夏目漱石

    こころ

    はじめの一行すべてが匿名夏目漱石の「こころ」と…

  2. 小説

    水鏡推理3 パレイドリア・フェイス

    はじめの一行1国家公務員六十四万人いる。しかし…

  3. 佐藤青南

    オイディプスの檻 犯罪心理分析班

    はじめの一行プロローグ「ただいま」扉を閉め…

  4. 大石圭

    女奴隷は夢を見ない

    はじめの1行プロローグその朝も少女は、狭くて湿…

  5. 奥田英朗

    ガール

    はじめの一行短編集この本は、30歳代くらいの女性に…

  6. 七尾与史

    ドS刑事 朱に交われば赤くなる殺人事件

    はじめの一行警察の日常本書は、主人公である代官…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 小説

    クラシックシリーズ8 ヘーメラーの千里眼 完全版 上
  2. 村田有季彦

    夢を引き寄せるインナーグレートの法則: あなたの中の「もう一人のあなた」が人生を…
  3. ビジネス書

    小さな会社の稼ぐ技術
  4. ビジネス書

    アトツギが日本を救う ――事業承継は最高のベンチャーだ――
  5. 小説

    スプートニクの恋人
PAGE TOP