七尾与史

死亡フラグが立ちました!




はじめの一行

1

岩波美里がデスクの上に頬杖を突きながらため息を漏らしている。自称二十七歳の美人敏腕編集長。年齢と敏腕は眉唾だが編集長という肩書と美人は本当だ。化粧っ気がなく顔はすっぴんに近い。彼女の性格からしてナチュラル美人を自覚しているのはなく単に自分を美しく飾り立てることに興味がないだけだろう。肩までかかる黒髪も取り立てて美容師の手が入っているようには見えない。ファッションも同様だ。無地の白いブラウスに黒い細身のパンツ。地味でシンプルな女だがそこが良かったりする。

死亡フラグが立ちました!(七尾与史)

美人敏腕編集長がいきなり登場です。
読み進めるとこの人、かなりドSなんですけどね。
こういうキャラ立ちした人を前面に出すことで、人を惹きつけてるのかもしれません。

本書の内容

死神という正体不明の殺し屋

冒頭でご紹介した、岩波美里は「アーバン・レジェンド」という都市伝説を扱う雑誌の編集長。
この出版社は、このほぼこの雑誌だけでもっている、弱小出版社。
で、この雑誌の売り上げを次号、倍にせよという厳命が下る。

そこで、割と話題になっている殺し屋「死神」を追っていた契約ライター陣内の役割は大きい。
ジョーカーのカードが死神から届けられると、かならず24時間以内に死ぬ。
しかも、普通に殺されるというよりも、どう見ても事故死という死に方で、証拠が残らない。
この死神という殺し屋、正体はおろか、存在するかも怪しい。

編集長は陣内に、期間内に死神とコンタクトをとれ、と命じる。
さもなくば、アーバン・レジェンドは廃刊。
当然陣内との契約は終了となる。
なんとか自分の食い扶持をこの雑誌の原稿に依存していた陣内は、背水の陣で死神の正体に挑む・・・

というかんじです。

見えない死神の正体、手口

と言っても何の手掛かりもないので、まあ大変なんですが、ひょんなところから糸口がつかめる。
あとは、個性豊かなキャラクターの活躍で、最後には・・・

全体として読みやすく面白い。
まあどことなく、リアリティは低いとは思いますが、エンターテイメントとしては許容範囲です。
たぶん、本格ミステリーファンからすると軽い、と言われそうですがエンタメ的に見ればかなり面白いです。

私自身、結構夢中になって読んでましたから。
たしかドS刑事もこのかたの本だったと思いますが、それとどこかテイストの似た印象でした。

Amazonでのご購入はこちら

 【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ピックアップ記事

  1. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  2. 成長マインドセット
  3. 脳は「ものの見方」で進化する
  4. ある犬のおはなし
  5. はじめに

関連記事

  1. 小説

    水鏡推理6 クロノスタシス

    はじめの一行1向かいのデスクに、いるべきいない…

  2. 佐藤青南

    サッド・フィッシュ 行動心理捜査官・楯岡絵麻

    はじめの一行いつもとは違う始まりいつもこの小説…

  3. 小説

    万能鑑定士Qの推理劇I

    はじめの一行遡ること五年旅客機の客室乗務員を務…

  4. 小説

    スプートニクの恋人

    はじめの一行122歳の春にすみれは生まれて初め…

  5. 小説

    最低。

    はじめの一行どことなく冷めた主人公映像化された…

  6. 内藤了

    ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子

    はじめの一行プロローグその日のことを思いだすと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ノンフィクション

    不登校から脱け出す たった1つの方法
  2. 小説

    万能鑑定士Qの事件簿XII
  3. 小説

    アナザー・フェイス
  4. 小説

    未来のミライ
  5. お悩み解決〇〇に効く本

    マーケティングも戦略も、上手くいかないのは〇〇の問題!?
PAGE TOP