トマス・ゴードン

ゴードン博士の人間関係をよくする本―自分を活かす相手を活かす




はじめの一行

はじめに

「人間関係」と聞いて、まず誰を、そして何を思い浮かべますか?
ほとんどの人は、結婚相手や家族のような親密な関係にある人を思い浮かべるのではないでしょうか。
自分にとって一番大切な関係をです。
それは当然のことですが、考えてみるとそういう人々以外にも、あなたの生活に良くも悪くも影響を与える人はたくさんいます。
本書は、そういうすべての人間関係をどうしたらよくできるか、上手くいかない人間関係を修復するには何ができるかを記したものです。

ゴードン博士の人間関係をよくする本―自分を活かす相手を活かす(トマス・ゴードン)

もう、そのものずばりなまえがきですね。
この本が何を記しているかを明記しているシンプルなまえがきです。

割とまじめなのが、この後には誰でも使える「レシピ付きの料理本のようなものではありません」と明言しています。
つまり、こうすればああなる的なものではなく、基本的な考え方を示したものだよ、と言っています。

とはいえ、内容はかなり実践的になっていると思いますけどね。

本書の内容

コミュニケーションの問題

人間関係の問題というのは、煎じ詰めればコミュニケーションの問題だと思います。
たとえば、親が「もう、宿題はやったの?」と子どもに聞いたとしましょう。
子どもとしては、この言葉に二通りの解釈を当てはめることができます。

一つ目は、「もうやったの?やってないなら早くしなさい」という親の指導・強制。
もう一つは、単にやったかどうかを聞いている、というもの。

往々にして、親子関係の中では前者のイメージが強いのではないでしょうか。
しかし、このコミュニケーションは、そういった強制の意味合いを含む時点で、難しさが出てきます。
子どもとしては、「聞かれるたび」「強制されている」ととらえます。
そして、強制の言葉は居心地が悪いから聞きたくない。

だから親と疎遠になるし、上手くいかなくなる。
こういった、意図せぬニュアンスがすべての言葉に乗っかることが、人間関係の問題にも色濃く反映しているようです。

私メッセージ

じゃあどうすればいいのか、です。
本書では、「私メッセージ」という方法を提案しています。
その理由は本書に詳しいのですが簡単に言うと、「あなた」を強制するのではなく「わたし」の気持ちを表現する、ということ。

例えば先の例で、子どもの宿題が心配だとしたらこんな感じになるでしょうか。
「私は、あなたの宿題が終わっているか気になっているんだけど?」
「私は、締め切りまでにあなたの宿題が終わるのか心配なんだけど、どう?」

本書で提案されているのは、自分の問題と相手の問題を分離し、相手の問題を自分が解決しようとしてはいけない、ということ。
子どもの宿題が心配なのは、親の問題です。
なぜなら、親が心配しているからです。
この親の心配を、子どもの問題にしようとして「宿題やりなさい」というからたいていうまくいかないといいます。

この辺りの話は、ぜひ、本書を読んで理解していただきたいものです。
この考え方、人生のさまざまなシーンで使えるんじゃないかと思います。

Amazonでのご購入はこちら

 

楽天でのご購入はこちら  ゴードン博士の人間関係をよくする本 自分を活かす相手を活かす [ トマス・ゴードン ]

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




事故物件怪談 恐い間取り前のページ

夢のカルテ次のページ

ピックアップ記事

  1. ある犬のおはなし
  2. はじめに
  3. 脳は「ものの見方」で進化する
  4. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  5. 成長マインドセット

関連記事

  1. 八木龍平

    成功している人は、なぜ神社に行くのか?

    はじめの一行プロローグ科学者が”商売あがったり…

  2. 今谷鉄柱

    マンガでわかる 仕事もプライベートもうまくいく 感情のしくみ

    はじめの一行私たちの人生は、嫌なあいつにコントロー…

  3. ケルマデック

    超常戦士ケルマデック―あらゆる人生に奇跡を起こす不思議な物語

    はじめの一行はじめに本書を手にとった人は不思議…

  4. クリステン・ウルマー

    不安を自信に変える授業

    はじめの1行はじめに-なぜ不安を乗り越えてはいけな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ビジネス書

    儲けのしくみ──50万円からできるビジネスモデル50
  2. ノンフィクション

    きょうだいコンプレックス
  3. ノンフィクション

    おじさんメモリアル
  4. ノンフィクション

    ミライの授業
  5. 天外伺朗

    ザ・メンタルモデル 痛みの分離から統合へ向かう人の進化のテクノロジー
PAGE TOP