小説

スプートニクの恋人




はじめの一行

1

22歳の春にすみれは生まれて初めて恋に落ちた。広大な平原をまっすぐ突き進む竜巻のような激しい恋だった。それは行く手のかたちあるものを残らずなぎ倒し、片っ端から空に巻き上げ、理不尽に引きちぎり、完膚なきまでに叩きつぶした。そして勢いを一つまみもゆるめることなく大洋を吹きわたり、アンコールワットを無慈悲に崩し、インドの森を気の毒な一群の虎ごと熱で焼き尽くし、ペルシャの砂漠の砂嵐となってどこかのエキゾチックな城塞都市を丸ごとひとつ砂に埋もれさせてしまった。

スプートニクの恋人(村上春樹)

あの村上春樹の作品。
でもって一行目は、主人公すみれが恋に落ちた。
しかも初めて。
22歳という微妙な年齢で。

始まりとして、すごくインパクトを感じるのは私だけでしょうか。

本書の内容

フランス映画的?

実は私は村上春樹さんの作品というのは、避けて通っています(笑)
というのも、私が好きなのはハリウッド映画で、フランス映画ではないから。
どういうことかというと、ハリウッド映画のように起承転結がはっきりしていて、それなりに疑問が解決される物語があスキだということ。
フランス映画というのは、どこか全体として静かで、起承転結がわかりにくい。
そして、考えないと見れない部分がある、というのが私のイメージ。

村上春樹さんの作品はどことなくキザで、回りくどくて、面倒くさい。
だからずっと避けていたんです。

ただ、この作品はそんな中でも比較的わかりやすい。
なんだかわからないけど、グイグイ引き込まれるものがあり、わかりやすい事件が起こり、それなりの結論が提示されています。
表面的な物語をなぞるのがすきな読書家には、比較的わかりやすい村上作品と言えるのではないでしょうか。

すみれの恋

本書の中心は、冒頭に出てきたすみれの恋について描かれています。
すみれとは、ずっと仲のいい「ぼく」がいるけど、「ぼく」にはすみれは関心がない。
無二の親友としてとても大事なのだけど、恋愛対象ではない。
一方、「ぼく」はすみれが大好きだけど、それを抑えて友達を演じている。
そんなとき突然であった、ミュウという女性。
すみれは、この女性に引き寄せられ、急接近していく。

ざっくりした物語はそんな感じなんですが、そもそもそういう筋書きなんて言うのは全体の中での小さな一部。
むしろそこを埋めるところに、この物語の本質があるのかもしれません。

ちょっと不思議な展開もあるんですが、その背景を読者が保管するあたりがこういう小説の楽しみ方なんでしょうね。

Amazonでのご購入はこちら

楽天でのご購入はこちら   スプートニクの恋人 (講談社文庫) [ 村上春樹 ]

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




夢のカルテ前のページ

営業の鬼100則次のページ

ピックアップ記事

  1. 脳は「ものの見方」で進化する
  2. はじめに
  3. ある犬のおはなし
  4. 成長マインドセット
  5. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

関連記事

  1. 小説

    プラージュ

    はじめの一行1.貴生の事情オイ、起きろ、早く逃…

  2. 小説

    万能鑑定士Qの事件簿IX

    はじめの一行忘れ物今年六十二歳になるコヴェント…

  3. 原田マハ

    楽園のカンヴァス

    はじめの一行生き生きとした絵画の描写本書の始ま…

  4. 小説

    悪魔と呼ばれた男

    はじめの一行プロローグ雨に濡れた墓石は、悲しみ…

  5. テッド・チャン

    あなたの人生の物語

    はじめの一行二つの物語本書は、ふたつのストーリ…

  6. 小松左京

    復活の日

    はじめの一行プロローグ(一九七三年三月)「ブロ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 小説

    水鏡推理5 ニュークリアフュージョン
  2. 清水義久

    清水義久 金運革命CDブック (無限にお金が舞い込む「神の資本論」)
  3. 実用書

    増補版 相続・事業承継・認知症対策のための いちばんわかりやすい家族信託のはなし…
  4. 上橋菜穂子

    精霊の守り人
  5. ノンフィクション

    物語として読む 全訳論語 決定版
PAGE TOP