アルバート・エリス

現実は厳しい でも幸せにはなれる




はじめの1行

日本語版への序文

私は一〇代の頃、人前で話せなかったり、女性とのつきあいがうまくいかなかったりして、悩んだことがありました。なんとか自分の情緒を安定させ、苦悩を減らして、充実した人生を生きたい、と考え、文学に親しみ、哲学書を読み、心理学の学位をとりました。私なりに到達した考えを自分に応用してみると、めったなことでは不安になったり落ち込んだりしなくなったのです。

現実は厳しいでも幸せにはなれる(アルバート・エリス)

割とじみた書き出しですが、自分自身の葛藤をまず表示することで、共感を呼ぶ文章としたのかもしれませんね。

本書の内容

ABC理論

アルバート・エリスの名前を知っている人の多くは、「ABC理論」を通じてではないでしょうか。

ABC理論の「ABC」はこれらの頭文字をとっています。
A:Activating event(起こっている出来事)
B:Belief(信念)
C:Consequence(結果)

実際に、この理論を使ったワークを体験したときはこんな風に使っていました。
このABCのうちどれかを穴あきの文章にします。
たとえば・・・

私は友人が待ち合わせに遅れた(A)ことにより、(    )と思って、友人に電話した(C)。

この場合、Bの部分が穴あきです。
でこのBにはどんなことが入ると考えられるでしょうか?
ある人は、「友人が事故にあった」と考えるかもしれませんし、
ある人は、「友人が私のことを軽く見てる」と考えるかもしれません。
そのほかにもいろんなバリエーションがあると思いますが、これを集まった何人かで共有しあうと、「人はそんな風に考えるのか」と驚くことがあります。
そういったことを通じて、自分の思考のクセを知ることが可能になります。

何かの事実が目の前にある時、人は自分のフィルターでその事実を見ます。
100%客観的になるのは、かなり難しいと思います。
その自分のフィルターで見た現実は、同じ出来事を見ていても人によって相当違う。
そのものの見方で、出来事に幸せ、不幸せが変わってくる。
それを知ることができるのが、ABC理論です。

エリスが提唱する論理療法

こういったことで自分の思考のクセを知れば、この癖を望ましいものに変えていけばいい。
ということで、本書では、そういった自分の思考のクセに対する反論を用意します。
そういう反論により、自分を説得する・・・
という感じの内容だと感じました。

現実を直接変えることは難しくても、現実をどうとらえていくかで幸福度は変わっていく。
要約するとそんなことを言いたいのかもしれません。

Amazonでのご購入はこちら

楽天でのご購入はこちら  現実は厳しい でも幸せにはなれる [ アルバート・エリス ]

  【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




 

ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. 脳は「ものの見方」で進化する
  3. ある犬のおはなし
  4. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  5. 成長マインドセット

関連記事

  1. ひすいこたろう

    前祝いの法則

    はじめの1行願いを叶える最大のコツは、喜ぶことであ…

  2. 梯谷幸司

    “偽りの自分”からの脱出

    はじめの一行はじめにー「本当の自分」を生ききるため…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ビジネス書

    [完全版]「20円」で世界をつなぐ仕事 想いと頭脳で稼ぐ新しい働き方
  2. ロバート・A・ハインライン

    宇宙の戦士
  3. マンガ

    ダンナさまは幽霊 (コミックエッセイの森)
  4. ブレンド・バーチャード

    自分を貫く
  5. 小説

    万能鑑定士Qの事件簿III
PAGE TOP