石原加受子

「苦しい親子関係」から抜け出す方法




はじめの1行

はじめに

親との関係で「つらい、苦しい、やりきれない、腹が立つ、憎い」と言ったネガティブな感情に囚われて「親の存在そのものが苦痛だ」と訴える人たちが増えています。
こんな親子問題を抱えて相談に訪れる人たちの中には、すでに、抜き差しならない状況に陥っているケースも少なくありません。
最初から親との関係に悩んで相談する人もいますが、職場の上司や同僚などと上手くいかないという相談が、話を聞いていくうちに、最後にはこの「親子関係が苦痛」に行きつくという人もいます。

「苦しい親子関係」から抜け出す方法(石原加受子)

読者の悩みを列挙するという、まえがきとしてはルールに則った書き出しだと思います。
たぶんそもそも、この手の悩みを持つ人は、タイトルを目にした時点で、もう本に手が伸びているとは思いますが・・・

本書の内容

人間関係の問題は親子関係から

本書は心理カウンセラーである著者が、実際のカウンセリングの中から得た知見を中心に解説されているものと思います。
その中でも、言動のクセというか、ここに現れる思考のクセ。
これが親から引き継いだものであり、それが生きづらくさせているというメカニズムを紹介しています。

簡単に言うと、親の言動は子供に干渉するものです。
逆に言うと子供の自主性を奪う言動になりがち。
それもそのはずで、幼少期、子どもは自分で物事を判断できません。
それを教育するためには、ある程度強制的な言葉を使わざるを得ない。
それが子供が成長しても続くため、子どもとしては自立心をそがれてしまう。
自律しようとすれば、親が干渉する。
その干渉というのは実は、「支配」でもあり、子どもはその支配から逃れられず悶絶してしまう。

ざっくりいうとこのようなメカニズムが潜んでいる、と考えられそうです。

親の支配から抜け出す3つの方法

本書においては、著者がカウンセリングの中で培った、こういった親の支配から抜け出す3つの方法を紹介しています。
素人的には、ピンとこないものもあるかもしれませんし、やってみないとわからない部分も相当にあります。
ただまあ、それでも信じてやってみると多少なりとも効果はあるのだと思います。

本来は、カウンセリングなどを通じて、誰かの応援を受けた状態で試すほうが良いのでしょうが・・・

 

Amazonでのご購入はこちらから

楽天でのご購入はこちらから  「苦しい親子関係」から抜け出す方法[本/雑誌] / 石原加受子/著

 【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




人前で輝く!話し方前のページ

万能鑑定士Qの事件簿VI次のページ

ピックアップ記事

  1. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  2. はじめに
  3. ある犬のおはなし
  4. 成長マインドセット
  5. 脳は「ものの見方」で進化する

関連記事

  1. ベネディクト・キャリー

    脳が認める勉強法――「学習の科学」が明かす驚きの真実!

    はじめの一行脳の使い方ここ数年、「脳」のパフォ…

  2. ケルマデック

    時空を変える設定にオン! 世界はひとつだけではない。選べるのだよ

    はじめの一行はじめに 進撃のマンガ戦士わたしは…

  3. たむらようこ

    ざんねんな努力

    はじめの一行はじめに私の人生は、子どものころか…

  4. アニータ・ムアジャーニ

    喜びから人生を生きる! ― 臨死体験が教えてくれたこと

    はじめの一行まえがきウェイン・W・ダイア―博士…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ビジネス書

    GAMIFY ゲーミファイ―エンゲージメントを高めるゲーミフィケーションの新しい…
  2. 大嶋信頼

    リミットレス! あなたを縛るリミッターを外す簡単なワーク
  3. akko

    わたしは、こうして“本当の自分”になる。 「自己肯定感」の低い私が幸…
  4. ダニエル・カーネマン

    ファスト&スロー(下) あなたの意思はどのように決まるか?
  5. 自己啓発

    ニューヨーク大学人気講義 HAPPINESS(ハピネス): GAFA時代の人生戦…
PAGE TOP