ビジネス書

あなたの会社が90日で儲かる-―感情マーケティングでお客をつかむ




はじめの1行

なぜあなたはこの本を手に取りましたか?

タイトルが気になったから?
ピンクの表紙が目立ったから?
なんとなく無意識のうちに?
実は、この本には、あなたが、手に取るような仕掛けがしてあったのです。
ということは、あなたは、もうすでに、
エモーショナル・マーケティングの魔法にかかっているのです。
この本は、その魔法を公開します。
非常にパワフルな方法です。
実践してもらえば、ズバリ、あなたの会社を、九〇日以内に高収益企業に変えます。

あなたの会社が90日で儲かる-―感情マーケティングでお客をつかむ(神田昌典)

1999年に発売された本書。
Amazonでは今でも普通に買えます。
ということは、それだけロングセラーなのでしょうね。

そんな本書は、ここにある通り、当時の神田昌典さんのもつマーケティングノウハウを詰め込んで作られた一冊。
当然まえがきにも、仕掛けがあります。
問いかけから入る本書は、すでに本書を手に取り、まえがきを開いた人にだけ読める場所に、「あなたが手に取る仕掛けをしてある」と畳みかけます。
この時点で、絞り込んだ相手へのメッセージと言えそうです。

本書の内容

エモーショナル・マーケティング

本書を初めて読んだときは衝撃的でした。
こんな売り方があるのか・・・と。
私自身、マーケティングというよりリアル営業の業界で育ったこともあり、まったく目からうろこの内容ばかり。
たぶん、海外ではダン・ケネディをはじめとする、ダイレクト・レスポンス・マーケティングはそれなりに認知されていたのでしょう。
それを少し装丁を変え、感情マーケティングとして売り出す。

さらに、日本でもマーケティング関連書籍はそれまでもありましたが、たぶんタイトルは「マーケティング実務」とかそんなのが多かったのでしょう。
これは「マーケティング」という言葉になじみのない人にもわかりやすい、「あなたの会社が儲かる」という言葉でその世界に引き込んでしまった。
大げさでなく、日本のビジネスを一変させた感はあります。

エモーショナル・マーケティングの概要

本書の内容は、ざっくりいうとお客さんの感情に配した売れる仕組みを作ろう、というものです。
これまでは、自社商品の良さを顧客に説得してきた。
しかし、本書では、お客さんの困りごとにふぉかーすし、その思いを解決する手段としてこんな方法がありますよ、と提示します。

その過程で、一般の人が抱きがちなビジネスの常識をすべて覆します。
MBAは顧客獲得に役立たない。
安売りはバカにやらせておけ。
広告のプロは商品のプロではない。
などなど、過激な文言が踊りますが、「なるほど・・・」と納得できるものばかり。
そうやって、神田一派にくみしていくのでしょう。

はい、私もそのひとりです(苦笑)

これまでのやり方に限界を感じた中小企業経営者にお勧め

本書は、今まで通りやっていても、なかなか未来が見えない。
とりあえず営業マンの尻はたたくけど、だんだんと成果が見えなくなり始めた。
そういった悩みを持つ中小企業経営者・マネージャークラスの方には一読をお勧めします。

Amazonでのご購入はこちら

 【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




 

ピックアップ記事

  1. ある犬のおはなし
  2. 成長マインドセット
  3. 脳は「ものの見方」で進化する
  4. はじめに
  5. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

関連記事

  1. ヴァーン・ハーニッシュ

    SCALLING UP(スケーリング・アップ)

    はじめの一行ん?たいていの本、特にビジネス書と…

  2. ビジネス書

    人間学×マーケティング (未来につづく会社になるための論語と算盤)

    はじめの一行まえがきあなたに今、魔法の杖を授け…

  3. ビジネス書

    文芸オタクの私が教える バズる文章教室

    はじめの一行はじめになんで私たちは、文章を書く…

  4. ビジネス書

    未来から選ばれる働き方「会社がなくなる時代」のキャリア革命

    はじめの一行会社がなくなる?神田昌典氏は、何年…

  5. ビジネス書

    アクセル デジタル時代の営業 最強の教科書

    はじめの一行鮮烈な一行本書は、鮮烈な一行で始ま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 小説

    青い春を数えて
  2. ビジネス書

    “社風”の正体
  3. 小説

    不倫純愛
  4. ビジネス書

    毎日読みたい365日の広告コピー
  5. 北川恵海

    ちょっと今から仕事やめてくる
PAGE TOP