小説

催眠 完全版




はじめの1行

テレビ中継

降りしきる雨が、窓ガラスをしきりに洗う。
ひどく蒸し暑い。一部屋に大勢がひしめいているのだから、それも当然だった。
「身体の力が抜けて、眠くなる。意識が遠のいて、眠っていく……」
実相寺則之は詩の朗読のように、同じ文脈を繰り返しつぶやきながら、床に据えられたモニターをちらと見やった。
オールバックに固めた黒髪、口の周りに生やしたひげ。本当はただ近眼なだけだが、鋭い目つき。
客観的に自分の顔を眺めて、威厳を保たねばと認識を新たにした。うっすらと額に汗が出ているのを、指先で軽く拭う。あまり強くこするとファンデーションが落ちる。

催眠 完全版(松岡圭祐)

緊迫する、催眠術のテレビ中継のシーンからスタート。
いきなりクライマックスにしてもおかしくないシーンで始めるというパターン、なかなか引き付けられますね。

本書の内容

催眠術を真っ向否定?

松岡圭祐さんの作品は、ストーリーも面白いのですが、いつも裏テーマとして社会へのアンチテーゼがあります。
本作では、催眠術というものへの松岡氏の想いがここに入っているように思います。
自身が意識をなくすような催眠術などなくって、自意識をもったまま暗示に導かれるのが催眠療法だ、と。

また、NLPなどで言われる、目の方向でウソを見抜くという方向へも古い都市伝説的なものだとバッサリ。
じつは、「催眠」のはじめの出版時には逆に、目の位置でウソを見抜くという話が披露されていたみたいですが、この完全版では真っ向否定。
科学の発展とともに書き直される小説というのも、なかなかすごいですね。
ちなみに出てくるゲームも時代を考慮して、Wiiになっていたりします。(はじめの作品では何だったかは知りませんが)

不可解な美女

ストーリーとしては、冒頭の実相寺は売れない催眠術師。
原宿界隈の占いの店で、催眠術をお金をとってやってるが、そこに現れた美女は宇宙人とチャネリングできるという。
実相寺は彼女を利用し、チャネリングによる人生のアドバイスをさせるように計らった。
しかしその女性、実は不可解な点も多く、知らず知らずのうちに事件に巻き込まれる。

一方で、その美女が心の病であることを見抜いた心理カウンセラーの嵯峨は彼女を救おうと奔走する。
しだいに嵯峨もその事件に巻き込まれてしまう。

後の「千里眼」シリーズでも活躍する嵯峨敏也がここでは主人公。
ちょっとばかり青臭い嵯峨先生が大活躍をします。

Amazonでのご購入はこちら

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




 

ピックアップ記事

  1. ある犬のおはなし
  2. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  3. はじめに
  4. 成長マインドセット
  5. 脳は「ものの見方」で進化する

関連記事

  1. 小説

    東京結合人間

    はじめの一行プロローグ大樹の締まった肛門に、千…

  2. 七尾与史

    死亡フラグが立ちました!

    はじめの一行1岩波美里がデスクの上に頬杖を突き…

  3. 夏目漱石

    吾輩は猫である

    はじめの一行あまりに有名な書き出しこの本、多分…

  4. 夏目漱石

    こころ

    はじめの一行すべてが匿名夏目漱石の「こころ」と…

  5. 小説

    最低。

    はじめの一行どことなく冷めた主人公映像化された…

  6. 原田マハ

    本日は、お日柄もよく

    はじめの一行挨拶の会場雰囲気から本書は、「スピ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ノンフィクション

    拡張の世紀
  2. サアラ

    覚醒への道: 1億3000万年前、第8世界から地球に来た私
  3. ビジネス書

    今すぐ本を出しなさい ビジネスを成長させる出版入門
  4. アービンジャー・インスティチュート

    2日で人生が変わる「箱」の法則 決定版 人間関係のモヤモヤを解決するために
  5. ビジネス書

    会社の寿命―盛者必衰の理
PAGE TOP