ビジネス書

2022―これから10年、活躍できる人の条件




はじめの1行

はじめに

そりゃ懺悔したいことは、たくさんある。だけど、自分の人生、手抜きじゃなかった。バカだとわかっていたって、飛び込んだ。失敗するとわかっていたって、逃げなかった。そして自分の限界と、可能性が見えてきて、これからアクセルを踏んで全速力で走り出そうとしていた、そのときに、---死が待ちかまえていたんだね。

検査の結果、左リンパ脇下に一三ミリの腫瘍が見つかった。そこはちょうど爪の癌が、真っ先に転移する場所。もし腫瘍が悪性なら、ステージⅢの癌となる。五年生存率は五〇%。逆に言えば、五年以内に死ぬ確率が五〇%ということだ。

2022―これから10年、活躍できる人の条件(神田昌典)

この衝撃的な病気のカミングアウト。
まあ神田昌典さんだから、ここで目を引くための文章というのは間違いないのですが、グイグイ引き込まれてしまいます。

本書の内容

未来の指南書

本書が発売されたのは、2012年。
当時、これからの10年を予測し、その過程で私たちがどう生きていくかに言及した本。
じつは当時、私はこれをワクワクしながら読み、ある20歳代の知人に一冊プレゼントしたことを記憶しています。

まずはおなじみ歴史の70年周期説。
歴史が大きく変わるのはだいたい70年ごとである、といいます。
その考えをベースに、70年を4つの時代に分けてその時々に活躍できる人の特徴を示しています。

あるいみ、神田昌典さんの未来予測の本とも言えますし、
そういった未来予測を前提に、どう生きていくかが明らかにされた本。

私の役割は・・・

ということで、世代によって社会の中での役割は変わってくると言います。
私の世代(現在50歳)の役割は、どちらかと言えばこれから力をつけてくる若い改革者への橋渡しという役割。
当時はちょっと残念な役回りだなぁと思っていましたが、最近は何となくフィットしている感じです。

とはいえ、2012年当時、こういった未来予測はにわかには信じがたいものもありました。
疑うわけではないのですが、しっくりこない、という感じでしょうか。
しかし、いま改めて読み直すと、表面的な事実は多少ズレてはいても、大きな流れとしてはアリじゃないかと思います。

この本が発売されてから神田さんは、毎年2022ツアーと称して、全国で公演をやっておられます。
来年の案内も来ていました。
アップデートされた話を聞きに行きたいなら、検索されてみてはいかがでしょうか。

Amazonでのご購入はこちら

 【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




 

親業―子どもの考える力をのばす親子関係のつくり方前のページ

でーれーガールズ次のページ

ピックアップ記事

  1. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  2. 脳は「ものの見方」で進化する
  3. ある犬のおはなし
  4. はじめに
  5. 成長マインドセット

関連記事

  1. ビジネス書

    人がうごく コンテンツのつくり方

    はじめの一行はじめに「うちの会社はWebマーケ…

  2. ダン・S・ケネディ

    天才詐欺師のマーケティング心理技術

    はじめの一行売れることが正義である!?超皮肉屋…

  3. ビジネス書

    中小企業の「ストックビジネス」参入バイブル

    はじめの一行はじめに売上が安定するビジネスを作…

  4. ウイリアム・コーエン

    ドラッカー全教え ~自分の頭で考える技術~

    はじめの1行現代経営学の父、ピーター・ドラッカーと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ビジネス書

    戦略読書日記<本質を抉りだす思考のセンス>
  2. ビジネス書

    文芸オタクの私が教える バズる文章教室
  3. ビジネス書

    たった1分で相手をやる気にさせる話術ペップトーク
  4. ひすいこたろう

    前祝いの法則
  5. 清水義久

    包み込みの幸福論: だから、未来は変えられる!
PAGE TOP