原田マハ

でーれーガールズ




はじめの1行

プロローグ

拝啓
突然のお便り、失礼いたします。
私は、あなたさまの母校、岡山白鷺女子高校で国語教師を務めております荻原と申します。このたび、本校が創立百二十周年の節目を迎えるにあたり、記念事業実行委員として、このお手紙をしたためております。
ご活躍、いつもまぶしく拝見しております。あなたさまは、本校の卒業生の中でも白眉のご出世をなされ、いまや本校全在学生の憧れの人気マンガ家であられます。

でーれーガールズ(原田マハ)

唐突に丁寧な手紙ではじまるこの小説。
この後意外な展開を始めるのですが、こういった始まりもなんとなく先が気になる感じで、ついつい引き込まれてしまいます。

本書の内容

短編集のような長編小説

本書を始め読み始めてふと思ったのは、「ああ、短編集か」という感覚。
いくつかの章に分けられているのですが、その章ごとに一つの物語が完結します。
そしてそれぞれが、けっこう胸にしみるもの。

もともと私は短編小説というものをあまり好きではありません。
なぜかというとどうしても短いぶん深みがないから。
しかし本書の一章は、それ単独でも胸に響く素晴らしいものだと感じました。

ところが読み続けていくと、すべてが一つのストーリー。
まずはその部分に惹かれていきました。

作者の回顧録?

本書の舞台、白鷺女子高校にはモデルがあるそうです。
それは作者である原田マハさんがかつて通った高校だそうです。
やけに岡山の描写がリアルなのは、そんなことも関係しているのかもしれません。

舞台は1980年代。
ここに東京から越してきた主人公。
初めのうちは、標準語を話す主人公は少し仲間外れにされます。
しかし、ふとしたきっかけから仲良くなった、ちょっと陰のある美人武美と仲良くなります。

そして、マンガを描くのが好きな主人公が書く理想の青年ヒデホ君に、武美はぞっこんになってしまいます。
そんな主人公と、武美とヒデホ君との間に芽生える関係。
ゆらぎ、壊れやすく、繊細なその関係を中心に物語は展開していきます。

ああ、友達っていいな。
そんな風に感じさせる一冊です。

Amazonでのご購入はこちら

 

 【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




 

2022―これから10年、活躍できる人の条件前のページ

親の会社を継いだ跡取りさんのお悩み解決読本次のページ

ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. 脳は「ものの見方」で進化する
  3. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  4. 成長マインドセット
  5. ある犬のおはなし

関連記事

  1. 小説

    プラージュ

    はじめの一行1.貴生の事情オイ、起きろ、早く逃…

  2. ヘミングウェイ

    老人と海

    はじめの1行比較的短い作品ヘミングウェイといえ…

  3. 小説

    マジシャン 最終版

    はじめの1行1歌舞伎町の裏路地は薄汚い。飲食店…

  4. 小説

    贖罪

    はじめの一行麻子様先日は結婚式にご出席くださり…

  5. 小説

    水鏡推理4 アノマリー

    はじめの一行1秋の陽射しは脆く、晴天があたりの…

  6. 小説

    水鏡推理3 パレイドリア・フェイス

    はじめの一行1国家公務員六十四万人いる。しかし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 小説

    花酔ひ
  2. 小説

    イリュージョン 最終版
  3. ビジネス書

    ドラッカー理論で成功する「ひとり起業」の強化書
  4. ビジネス書

    マーケティング・ジャーニー 変容する世界で稼ぎ続ける羅針盤
  5. ビジネス書

    売れる文章術
PAGE TOP