実用書

汗をかかずにほっそりする 骨美人ダイエット




はじめの一行

はじめに

ジムに行かずに、
きついトレーニングなしで、
なんなら、汗もかかずにやせたい。
カラダをひきしめたい。
---そんなムシのいい話・・・

あるって聞いたんですけど、本当ですか!?
骨先生ーーー!

骨美人ダイエット(柴田郁恵)

本書の始まりはまさに、ダイエットがうまくいかない人の心の声(笑)
それを代弁することで、「ああこれ、自分のための本だ」とおもってつい手に取ったのは私だけではないのでは?

本書の内容

骨先生ってなんやねん!?

私が初めて感じた印象は、「骨先生ってなんやねん!?」ってこと。
ああ、いいですね。
愛称だけで、疑問がいっぱい沸き上がります。

それを解決したく、ついつい読み進めると、画期的なダイエット法が・・・。

まあダイエットなんて、原理はシンプルですね。
摂取するカロリーと、消費カロリーの差を作ればいいだけです。
けどそれが大変だから、そのハードルをできるだけ下げる方法がたくさん出てきます。

とはいえ、特に運動をするなら相応の負荷をかけないといけません。
そのためには、さすがに1日1分とかでは効果が出にくい。
けど、5分以上となると、毎日のことだけにだんだんとおっくうになってくる。
その手軽さや、投資する時間との関係の中で、短い時間で効果を最大化しようとすると、負荷がけっこうかかる。
この辺のトレードオフの関係が、ダイエットを難しくしてる理由じゃないかと思います。

で、本書のアプローチは、関節。
骨と骨のつながりの部分を見直すのがダイエットへの近道だ、と書いていた(ような気がします)

衝撃の事実

よく、ダイエット本では、股関節を柔らかく、という話があります。
で、股関節ってどこだと思いますか?
だいたいの方は、コマネチ!のところを想像するそうですが、実際はそうではない、と言います。
後ろ側なんですね。お尻の奥。
もうここで、「へー」です。

でもって、簡単なエクセサイズ(というかながらでできる姿勢意識的なものを含んでます)を紹介しています。

運動嫌いの人にとっては、改めて時間をとって「さあ、やるぞ!」っていうのがおっくうなんです。
しかしここはさすが「運動嫌いのトレーナー」である著者。
日頃の生活の中で意識すべきあることをやれば、十分効果が出ると言います。
これらのごく初歩的な意識をしたうえで、少し体が軽くなってきたらちょっと体を動かしてみたくなると言います。

さて、私はここに書いてあるエクセサイズそのものもそうですが、これをヒントに少し歩き方を変えてみました。
すると翌日は筋肉痛(笑)

もしかしたら続けられそう・・・

Amazonでのご購入はこちら

 【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ピックアップ記事

  1. 成長マインドセット
  2. ある犬のおはなし
  3. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  4. はじめに
  5. 脳は「ものの見方」で進化する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ノンフィクション

    子どもの脳を傷つける親たち
  2. 小説

    水鏡推理Ⅱ インパクトファクター
  3. ビジネス書

    SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方
  4. ビジネス書

    小予算で優良顧客をつかむ方法 マーケティング常識11のウソ
  5. ビジネス書

    副業・人脈・好きなこと 人生が変わる「オンラインサロン」超活用術
PAGE TOP