マンガ

スピ☆ヲタ子ちゃん(3)




はじめの一行

第18話 怒りの日

子供のころ
私には
困ったクセ(?)があった
初めて出たのは
小学生のときだったと思う

……ナニ!?
何だ!??
何か来る!!

身体の中から何かが!!

ヴェルディ作曲のレクイエム
「怒りの日」を
頭の中で流しながら
お楽しみください

スピ☆ヲタ子ちゃん(3)(伊藤三巳華)

今回は、コミックエッセイ。
ということで、絵もなく、セリフだけを抜き取ってもピンとこないかもしれませんね。

面白いな、と思うのはBGMを指定してること。
思わず検索かけてしまいました(笑)

本書の内容

著者の子供時代

本書は、作者の子供時代のエピソードを集めたコミックエッセイ。
でもって、この作者の方が、「視える人」。
つまり、幽霊らしきものを見えるようなのです。

小さなころから見えていたようですが、そのことでいじめられやしないかといつもドキドキはらはら。
そんな少女がの小学生時代から、学生、そして社会人時代のエピソードが詰まっています。

このかたのコミックエッセイは、タダ怖いというよりちょっとジーンとするシーンもあって、
単に恐怖を駆り立てるというだけではないところが結構好きです。

で、ここで紹介される作者の人生なんですが・・・・
結構すごい。

それを言っちゃうと、ネタバレになってしまいそうなので触れないようにしますが、まあ壮絶です。
何が壮絶かというと・・・それは本書を読んでみてください。

霊ってなんだろうか

本書に限らず、彼女の作品には霊的なもの、神様的なものがたくさん出てきます。
じゃあ、霊って何だろうな、と思うわけです。
最近の流れの中で、パラレルワールドってのはどうやらあるらしい、という考え方が結構出てきます。
量子論なんかから考えると、そう考えざるを得ない、と強い口調で語る人もいます。

例えば、いわゆる霊っていうのがそのパラレルワールド的な場所の住人だったとして、彼らは私たちが見えて、私たちのほとんどは彼らが見えない、としましょう。
で、彼らがこの世界を覗いていて、たまたま自分のことを見えているらしい、という人を見つけたらどうするでしょう。
きっと大声で叫んだり、目の前に現れて一生懸命アピールしようとするんじゃないかと思います。
まあそれを見た、こっちの世界の人はそりゃあ怖い。

実は、そういうことが起きているのかもな、なんて思ったりしています。
とはいえ、そんな人が目の前に現れたら、やっぱり一目散に逃げるんでしょうが・・・

ま、そんな話はともかくとして、本書のお話はいろいろと考えさせられるものもあり、単に怖がることが目的の本ではないと思います。
もし、ピンときたら、Amazonでは冒頭だけ読めるようになっているので、ちょっと覗き見してみてはいかがでしょうか。

Amazonでのご購入はこちら

 【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ピックアップ記事

  1. ある犬のおはなし
  2. はじめに
  3. 成長マインドセット
  4. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  5. 脳は「ものの見方」で進化する

関連記事

  1. マンガ

    視えるんです。4

    はじめの一行下町ノスタルジア皆様 こんにちは…

  2. マンガ

    ダンナさまは幽霊 (コミックエッセイの森)

    はじめの一行プロローグ「ハカセ・・・、ハカセ・…

  3. マンガ

    スピ☆散歩 ぶらりパワスポ霊感旅 6

    はじめの一行はじめに昨年2017年は、このコミ…

  4. マンガ

    ダンナさまは幽霊 霊界だより

    はじめの一行プロローグ8年間の闘病の末私の…

  5. マンガ

    ゆる視えっ! オバケっぽいものに遭いました。

    はじめの一行プロローグ壷野です初めまして…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ノンフィクション

    不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち 「きょうだい型」性格分析&コミ…
  2. ビジネス書

    なぜ人と組織は変われないのか ― ハーバード流 自己変革の理論と実践
  3. 小説

    スマホを落としただけなのに
  4. ビジネス書

    経営継承の鎖 「歴代成長」企業のDNAを探る
  5. ドクター・ジョン・F・ディマティーニ

    ザ・ミッション 人生の目的の見つけ方
PAGE TOP