ダニエル・コイル

THE CULTURE CODE ―カルチャーコード― 最強チームをつくる方法




はじめの一行

監訳者まえがき カルチャーについてのカウンターカルチャーの書

組織とチームは異なる。組織とは、企業で言えば、その会社、もしくはある事業部門のように、資本や会計の論理でひとまとめにされている全体を指す。これに対して、チームとは「お互いの相互依存関係が日々の活動の中で認識しあえる範囲にある人びとの集団」である。
優れた組織と優れたチーム、言うまでもなく成果を出すためには両方が必要となる。パフォーマンスは組織力とチーム力の掛け算で決まる。ただし、このところの大きなトレンドとして、パフォーマンスを左右する要因が組織力からチーム力へとシフトしつつある。

THE CULTURE CODE ―カルチャーコード― 最強チームをつくる方法(ダニエル・コイル)

本書の監訳者は、あの楠木健さんです。
ちょっとオタク的な楠木さんらしいまえがきですが、学者らしく「前提」の解説から入っているのでしょうかね・・・。

本書の内容

チームが機能するということはどういうことかの簡略版?

本書を読み始めて思い出したのが、エイミー・C・エドモンドソンの「チームが機能するとはどういうことか」という本です。
このブログも取り上げてますので、関心のある方は以下からどうぞ。

チームが機能するとはどういうことか

チームが機能するとはどういうことか、はどちらかというと「心理的安全性」がとても重要なテーマになっていたように記憶しています。
本書は、それを間接的には述べていますが、大雑把なポイントは結構似ているような気がします。
「チームが機能~」は、その「場」の在り方について書かれているとすると、本書はリーダーの在り方という視点から書かれているかもしれません。
比較的読みやすく、面白い。
まあ全体として、ちょっと流れ的に「あれ?」と思うこともあるのですが、わかりやすいです。
しかし、目指すところは、エドモンドソンの著作と似ています。

そういう意味では、エドモンドソンの本の入門書的位置づけ、という大胆な感想を述べさせていただきたい(笑)

正しいチームのつくり方?

実は本書は、ハウトゥボン的な使い方ができる一冊だと思っています。
とくに、「チームへの帰属意識」とか、「弱さを見せる」とかいうあたりは、かなり具体的な事例が取り上げられてリーダーのふるまいとして、参考になる部分が多いと思います。
やるべき内容は、決して難しいことではありません。

やれば即座に、いいチームができるか?というとたぶん試行錯誤はあると思います。
しかし、なにをやっていいかわからない、という人にとってはかなり重要な参考書となるように思います。

 

Amazonでのご購入はこちら

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ピックアップ記事

  1. 成長マインドセット
  2. はじめに
  3. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  4. 脳は「ものの見方」で進化する
  5. ある犬のおはなし

関連記事

  1. ビジネス書

    教養としてのプログラミング講座

    はじめの一行執筆のきっかけ本書は、著者の過去の…

  2. ビジネス書

    10年後の仕事図鑑

    はじめの一行はじめになぜ今、人生のグランドデザ…

  3. ビジネス書

    伝わっているか?

    はじめの一行「伝える」から「伝わる」へ 考え方を少…

  4. ニック・トーマン

    おもてなし幻想 デジタル時代の顧客満足と収益の関係

    はじめの一行日本の「おもてなし」は、単なる「おせっ…

  5. ビジネス書

    あの同族企業はなぜすごい

    はじめの一行同族企業の取材レポート今後ますます…

  6. ビジネス書

    これからの世界をつくる仲間たちへ

    はじめの一行プロローグ「魔法をかける人」になるか、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ビジネス書

    2022―これから10年、活躍できる人の条件
  2. 小説

    豆の上で眠る
  3. ビジネス書

    先輩、これからボクたちは、どうやって儲けていけばいいんですか?
  4. 心屋仁之助

    心屋流 ちょっと変わった夢の叶え方
  5. アービンジャー・インスティチュート

    自分の小さな「箱」から脱出する方法 ビジネス篇 管理しない会社がうまくいくワケ
PAGE TOP