ノンフィクション

高島康司の未来激変! ! 2019~2024 数年で世界の風景は一変! 私たちは今、大きな歴史の「転換点」にいる。




はじめの一行

はじめに

この本の冒頭部分にも書きましたが、私、ヤスさんの勉強会がめっぽう面白くて、随分はまりました。ヤスさんのこのライブの面白さを、何とか本にできないかと思って生まれたのがこの本。言ってみれば、彼の勉強会に参加できない方のための「濃縮拡大版、紙上勉強会、未来激動編」です。
2019年を迎えて、いま世界は大きく時代のカーブを曲がろうとしています。曲がった先は、今までとは全く違う風景になっているように思います。

高島康司の未来激変! ! 2019~2024 数年で世界の風景は一変! 私たちは今、大きな歴史の「転換点」にいる。(高島康司)

パッと見た感じ、まえがきで売ろう、という意志はなさそうな気がします。
そもそも私は、このヤスさんという方を存じ上げません。
が、もう少しまえがきを読み進めると、結構すごい方らしい。
いろんな情報ソースをもって、それらを総合的に判断し、私たちの見えないところで世界に何が起こっているのか?をかなりディープに知っている人のようです。

本書の内容

国際情勢から宇宙人まで

本書を読み進めると、大半はけっこうまじめな話です。
とはいえ、一つ一つの話は、かなりなトンデモ話に見えるものも多いかもしれません。
これから世界はどうなっていくかとか、あとは貨幣について結構詳しく書かれていたり、地震予知の話だったり。
こうなってくると、行き着く先はいわゆる陰謀論なんですが、ヤスさんはどうやら陰謀論に関しては懐疑的に見ている部分もあるようです。

本書は、冒頭に語られている通り、紙上セミナーということで、聞き手とヤスさんが対話形式で話が進んでいきます。
聞き手の方は、わりと陰謀論とかいう話がお好きなようで、そういった可能性を示唆しますが、ヤスさんは割と冷静にその関連の有無についてお話しされているところに好感を持ちました。

話は次第に、AIとブロックチェーンに関する話に到達し、UFOやら宇宙人の話も出てきます。
あと、タイムマシンの話は面白かったですね。
ジョン・タイターという有名な、自称タイムトラベラーがいますが、他にもいろいろタイムトラベラーとされる方がいます。
そういったところの情報がどこでまとめられているとかいう話もあるので、関心のある方は情報源探しのきっかけとしていろいろ話が出ています。

言語の壁

最後のほうには、ヤスさんの情報収集減などが明かされますが、多くは人を介してのようです。
WEBサイトなどもありますが、それらはほとんどが英語。
ということで、やはり最新情報を集めたければ、英語力が大事なのかもしれません。
ということで、ヤスさんの英語力を作り上げる過程についても最後のほうに書かれています。
これもけっこう参考になるものではないかと思いました。

わりと新聞に出そうな内容から、トンデモ話まで。
変な先入観なく情報として扱うヤスさんの姿勢には、なんとなく交換を持ちました。

Amazonでのご購入はこちら

 【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ピックアップ記事

  1. 脳は「ものの見方」で進化する
  2. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  3. 成長マインドセット
  4. ある犬のおはなし
  5. はじめに

関連記事

  1. ノンフィクション

    人工知能が金融を支配する日

    はじめの一行アンコントローラブルな人工知能?い…

  2. ノンフィクション

    NHKスペシャル 超常現象 科学者たちの挑戦

    はじめの一行超常現象を科学でとらえるNHKが超…

  3. ノンフィクション

    友達の数は何人?―ダンバー数とつながりの進化心理学

    はじめの一行第1章 貞節な脳(男と女)進化は私…

  4. ノンフィクション

    未来の年表 人口減少日本でこれから起きること

    はじめの一行認識の誤り本書は人口問題、少子高齢…

  5. ノンフィクション

    問題児 三木谷浩史の育ち方

    はじめの一行プロロ-グ―――太陽の子供音楽や絵…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ビジネス書

    凡人が最強チームに変わる魔法の営業ミーティング
  2. 小説

    水鏡推理3 パレイドリア・フェイス
  3. ノンフィクション

    第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい
  4. 塚本亮

    群れない。 ケンブリッジで学んだ成功をつかむ世界共通の方法
  5. 小説

    東京結合人間
PAGE TOP