八木龍平

成功している人は、なぜ神社に行くのか?




はじめの一行

プロローグ

科学者が”商売あがったり”になっても伝えたい「神社の真実」

●あなたはもう、神様に目をつけられてしまっている!?

本書を手に取ってくださって、ありがとうございます。
あなたは、神さまより一つお役目をさずかりました。
そのお役目とは……。

神社に来て「世の中を良くしなさい」というお役目です。

いまや世界中から神社にお参りに来る時代。

成功している人は、なぜ神社に行くのか?(八木龍平)

このまえがき、なかなかいい感じですね。
グイグイ引き寄せられる引力があります。
これ、ライター使って書いてるんでしょうかね・・・。

本書の内容

神社とは・・・

龍の研究で博士号をとったという著者。
龍の話はあまりなかったですが、神社に関する話はてんこ盛りです。
まあ、そういうタイトルですからね。

と言っても、形式ばった話というより、著者なりの解釈という感じでしょうか。
じつはこのかた、学術的な研究をする傍ら、ご自身も見えないものを”感じる”力があるそうです。
そんなご自身の特性を生かして、神社とは何かを語ってくれています。

ざっくりいうと、神社はそこに集う人の集合意識だと言います。
願い事をもってやってくる人たちは、よりよくなりたいという気持ちを持っている。
そして神社にはそういう気のようなものがあふれている、と。

神社に関わる話がてんこ盛り

内容はかなり多岐にわたっていて、神社の産廃の仕方とか、会社やセミナールームの結界の張り方、
神様とは何ぞやという話から、チャクラの話まで。
割と軽い語り口で、けっこうディープな話が飛び出すので、ちょっと驚きの内容もありますが、サクサク読めます。
また、難しい話はほとんど出てこないし、難しい格式ばったことをやれ、という話もほとんどない。
普通の人が、普通に神社や神様とどう付き合うかが書かれている、という感じでしょうか。

たぶんタイトルのネタになった話であろうというのは、たとえばパナソニックをはじめ、様々な有名企業は社内に神社を作っていたりする話。
また、政治家などのリーダーも、戦略的に神社と絆を結んでいるという話。
この辺りは、かなり興味深く読ませていただきました。

まあなんにせよ、見えない世界の話。
信じるか信じないかはあなた次第、なわけですが、
世の中が大きく変化するタイミングで、近年の神社ブーム、決して偶然ではないのかもしれませんね。

いまちょうど、この続編が発売されていて、本屋さんで簡単に見つけることができると思います。
この続編もまた、ちょっと気になります。

Amazonでのご購入はこちら

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  3. ある犬のおはなし
  4. 成長マインドセット
  5. 脳は「ものの見方」で進化する

関連記事

  1. 佐々木典士

    ぼくたちは習慣で、できている。

    はじめの一行はじめにぼくはいつも自分のことを「…

  2. アルバート・エリス

    現実は厳しい でも幸せにはなれる

    はじめの1行日本語版への序文私は一〇代の頃、人…

  3. トマス・ゴードン

    ゴードン博士の人間関係をよくする本―自分を活かす相手を活かす

    はじめの一行はじめに「人間関係」と聞いて、まず…

  4. はせくらみゆき

    宇宙を味方につける リッチマネーの秘密

    はじめの一行共感からスタート本書はこんな書き出…

  5. ヴィクター・J・ストレッチャー

    目的の力

    はじめの一行始まりの物語実は本書は、ちょっとした物語から始まり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。







  1. ノンフィクション

    16万人の脳画像を見てきた脳医学者が教える「脳を本気」にさせる究極の勉強法
  2. 石原加受子

    「苦しい親子関係」から抜け出す方法
  3. ノンフィクション

    ずっと信じていたあの知識、実はウソでした! デラックス
  4. 小説

    記憶屋Ⅲ
  5. akko

    わたしは、こうして“本当の自分”になる。 「自己肯定感」の低い私が幸…
PAGE TOP