ビジネス書

男女脳戦略。――男にはデータを、女にはイメージを売れ




はじめの一行

はじめに

これは、あなたが男性脳か、女性脳かを判断する世界一シンプルな質問です。

目の前に右手を出してください。
あなたは次のどちらですか?

A・薬指のほうが人差し指より長い

B・人差し指のほうが薬指より長い。もしくはほぼ同じ

男女脳戦略。――男にはデータを、女にはイメージを売れ(メンタリストDaiGo)

さすがメンタリスト。
上手いですね。

人は自分のことに最も関心があるとききます。
その中でも、自分はどうなんだろう?という疑問を抱かせてしかも、簡単な方法で自分のことを知ることができる。
この後すぐに答えは書かれていますが、この一節が次の一行を読ませる機能は十分すぎるほど果たせるでしょうね。

本書の内容

脳の特性によるビジネススキル

本書は全体を通して、主にビジネスシーンにおいて、男性脳の持ち主、女性脳の持ち主にどうアプローチするかを解説した本です。
実際のところ、女性なら女性脳、男性なら男性脳、というほど単純な話ではないようです。
ですから、冒頭のような方法で、相手の脳の特性をまずは把握する。

あの指の長さというのも、実際の統計に基づくものなので、そこそこの信ぴょう性はあるようです。
とはいえ、確実とは言えないので、あくまでアタリをつけるということじゃないかと思います。

身体的な特徴で相手を判断するのは冒頭のみで、あとはもう少し深い話になります。

サブタイトルにあるように、データを重視する男性脳、
イメージを大事にする女性脳という特徴があるようです。

で、ビジネスシーンにおけるプレゼンでは、その双方の人が入り混じっていることがあります。
そういったときのプレゼン資料のつくり方だったり、説明相手は男性脳だけど、決裁権を持つ人は女性脳といった(もちろんその逆もあり)場合の対処法など、様々なシーンでの男女脳戦略が説明されています。

個人的な感想としては・・・

正直なところ、一人の人がいて、このヒトが常に男性脳とか、女性脳か、といえば、実はシーン別で変わることがあるんじゃないかと思っています。
もちろん、優位になりがちな性別はあるとは思うのですが。

たとえば、プライベートでは女性脳だけど、仕事のシーンでは男性脳に切り替えるとか。
完全ではなくても、男性脳的視点で物事を決めようと努力しているとか。
とはいえ、入り口としては男女脳戦略というのは、使えない話ではないと思います。

たとえばNLPなどでは、視覚、聴覚、体感覚などに訴える資料作りを推奨するように、男女脳に対応できる資料作り、プレゼン手法というのはアリかもしれません。
まずは読んでみて、実地でその成果を体感してみるのが早いかもしれませんね。

Amazonでのご購入はこちら

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ピックアップ記事

  1. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  2. ある犬のおはなし
  3. はじめに
  4. 脳は「ものの見方」で進化する
  5. 成長マインドセット

関連記事

  1. ビジネス書

    教養としてのプログラミング講座

    はじめの一行執筆のきっかけ本書は、著者の過去の…

  2. ビジネス書

    たった1分で相手をやる気にさせる話術ペップトーク

    はじめの一行激励するトーク術本書はあるシーンか…

  3. ビジネス書

    ハーバード・ビジネス・レビュー公式ガイド 社内政治マニュアル

    はじめの一行社内政治・・・?特に大きな企業に顕…

  4. ビジネス書

    リストビジネスの教科書

    はじめの一行究極の身の上話?著者は、インボックスマ…

  5. ビジネス書

    年間報酬3000万円超えが10年続く 独立系コンサルタントの成功戦略

    はじめの一行★「コンサルタントで本当に食べていける…

  6. ビジネス書

    パワー・オブ・クリエイティビティ 個性と才能を思いっきり引き出そう!

    はじめの一行はじめに---第三版発行に寄せて私…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ノンフィクション

    ミライの授業
  2. 奥田英朗

    イン・ザ・プール
  3. 北川恵海

    ちょっと今から仕事やめてくる
  4. ビジネス書

    なぜ人と組織は変われないのか ― ハーバード流 自己変革の理論と実践
  5. 自己啓発

    現代語訳 論語と算盤
PAGE TOP