小森圭太

科学的 潜在意識の書きかえ方




はじめの一行

はじめに

目の前の現実は、自分の意識と関係なしに、勝手に起こっている。
かつての私もそう考えていました。
でも今は違います。
なぜなら、目の前に展開している現実は、自分の意識と明確な関連があることを、自分自身の体験や、私のセッションや講座を受講いただいているお客様の事例から「確実にそうだ」と言えるからです。

簡単な例を出しましょう。
あなたは旅行先で美味しいお蕎麦を食べてから、お蕎麦の美味しさに目覚めたとします。
旅行先から帰ってきていつもの素見慣れた町並みを歩いていると、「お、こんなところにお蕎麦屋さんがあったんだ」なんて感じで、以前は氣にも留めなかったお蕎麦屋さんの存在に氣付きます。

科学的 潜在意識の書きかえ方(小森圭太)

いきなりしょっぱなから、テーゼとアンチテーゼの対比。
この手の本をよく読んでいる人にとっては、普通の話ですが、初めて手に取る人にとっては衝撃の内容かもしれません。

本書の内容

しょっぱなに量子論

最近のスピ系とか、引き寄せ系の本は、だいたい量子論を持ち出してきます。
本書も、はじめの一章で量子論が出てきました。
正直なところ、この時点でちょっとがっかりしたんです。
ああ、科学的と言っても、よくある話だよね・・・、と。

その時には特段の目新しさを感じませんでした。

まあ失礼な話、今更・・・なんて気持ちもあったんですね。
もちろん、こういう本を初めて読む人にとっては、すごく面白いんだとおもいますが、この手の本を何十年も読んできた私にとってはちょっと物足りなかった。

しかし、読み進めるほどに面白くなってきました。
どんどんと話が深まっていって、ああ、買ってよかったと思い始めました。

自分を知るワーク

とくに第四章あたりの「本当の自分を知るワーク」あたりは、シンプルだけど確実な方法を提供してくれます。
私自身自分でやっていたことをもう少し発展させた形で紹介してましたので、あ、これだ!なんて思いました。

そもそも、自分というのはわかっているようでわかっていない。
たいてい、「これが自分」と思ってる認識は、本当の自分と正反対だったりすること、けっこう多いです。
私は努力とか根性を毛嫌いしてきましたが、実は、けっこう努力の人だったということが最近分かったのです。
それもこれに近いワークを自分でやって、ハッと気づいた、というのが実際のところ。

もし何かがうまくいかなくて悩んでいる場合、このワークを真剣にやってみると、何かヒントが見えるかもしれませんね。

Amazonでのご購入はこちら

 【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ピックアップ記事

  1. 脳は「ものの見方」で進化する
  2. はじめに
  3. ある犬のおはなし
  4. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  5. 成長マインドセット

関連記事

  1. 自己啓発

    その悩み、哲学者がすでに答えを出しています

    はじめの一行はじめにこの粘土板の文字は、ソクラ…

  2. アルバート・エリス

    現実は厳しい でも幸せにはなれる

    はじめの1行日本語版への序文私は一〇代の頃、人…

  3. 種市勝覺

    ここに気づけば、もうお金には困らない

    はじめの一行僧侶が書いたお金の本この本、何が面…

  4. 吉野源三郎

    漫画 君たちはどう生きるか

    はじめの一行歴史的名著の来歴現在、大ヒット中の…

  5. マンガ

    「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

    はじめの一行働きすぎてうっかり自殺しかけました。し…

  6. 神田裕子

    最高の「考え方」:「自分が好きになる」心理アプローチ大全

    はじめの一行はじめに私は26歳から専門学校や短…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 実用書

    その不調、背中ストレッチが解決します。
  2. ノンフィクション

    12階から飛び降りて一度死んだ私が伝えたいこと
  3. ビジネス書

    戦略読書日記<本質を抉りだす思考のセンス>
  4. つのだじろう

    恐怖新聞(4)
  5. 小説

    パラレルワールドで待ち合わせ
PAGE TOP