小野寺S一貴

日本一役に立つ! 龍の授業




はじめの一行

はじめに

古の時代より、人間は祭壇に護符を捧げ呪文を唱えることで龍神を召還する。そして龍神と人間は契約を結び…

「そんなわけないがね!」

クワーーーっ!部屋に響いてくる我が家の龍神の声、その名はガガ。妻、ワカを守ってくれている龍神様だ。
「おい、おまえら!そりゃいったいどういうことかね?」
「実は最近よく聞かれるのよ。龍神と契約するためにはどうすればいいんですか?って。龍神のイメージってなんか損な感じみたい」

日本一役に立つ!龍の授業(小野寺S一貴)

なかなか唐突な始まりですね。
一般の人のイメージを一瞬にして破壊する(笑)
いい感じのまえがきだと思いました。

本書の内容

龍神ガガ

本書の構成は、著者とその奥様が、奥様につく龍神ガガと黒龍に、龍と世の中の仕組みを聞く、といった感じになっています。
そもそも、龍というと私のイメージだと、割と高いところにいて、人の言葉を解せず、暴れん坊、といった風情があります。
その印象とは少し違って、龍は割と人間と仲良し。
というか、けっこうあちこち飛び回っていて、引っ付く人間を探してるみたいな感じのようです。

人里離れた山奥から出てくるイメージがありますが、本書によると彼らはすぐ近くにいるようです。

彼らの好物は人間のワクワクする魂。
だから、彼らは、人間がワクワクすることへ向かうことをサポートする。
そんなカラクリがあるようです。

兆しは見える?

とはいえ、世のほとんどの人は龍なんて見えないと思います。
しかし、実際にはたとえば、神社にお参りする際にふと感じる風とか、音とか、気配とか。
そんな感じで、その存在を感じることができるそうな。

そうそう。
そういえば、龍というのは神さまの使いのようです。
神と人、神と神をつなぐネットワークのような役割を担っているようです。

著者は、サラリーマンをやめ、政治家になろうとしたり、古事記の研究をしたり、まったくもって普通の人の理解不能なプロフィールを持った人です。
そして、奥様はまた、けっこう大胆な人のようにも見受けられます。
そういった、どこか破天荒さを持った人は、ワクワクも多いから、龍が付きやすい、ってことがあるみたいです。

まあ、信じるか信じないかはあなた次第。
私自身は、ちょうど自分の中でも龍がマイブームだったこともあり、結構ハマってますけどね(笑)
ええ、神社に行くと、気配に注目するようになりました。
するとふっと、風が吹いて、絵馬がカラカラと音をたてたりします。
それが拍手喝さいにも聞こえます。

もちろん、龍の仕業か、偶然かはわかりませんが、龍が来た、と思っている私はけっこう幸せです(笑)
そんな思いを持てるだけでも、価値はあるんじゃないでしょうかね。

Amazonでのご購入はこちら

 【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ピックアップ記事

  1. ある犬のおはなし
  2. 脳は「ものの見方」で進化する
  3. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  4. はじめに
  5. 成長マインドセット

関連記事

  1. ブレンド・バーチャード

    自分を貫く

    はじめの一行奮い立たせよう!本書の始まりはこん…

  2. 心屋仁之助

    心屋流 ちょっと変わった夢の叶え方

    はじめの一行はじめに2017年2月8日。心…

  3. 古賀史健

    嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

    はじめの一行物語風の始まり本書は、哲人と青年の…

  4. 石田久二

    僕らの魂が地球に放り込まれた理由-7人の神様に聞いてみました

    はじめの一行はじめにこの本は、主人公「ボク」の…

  5. 吉田行宏

    成長マインドセット

    はじめの一行プロローグ成長って何だっけ?な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 小説

    水鏡推理4 アノマリー
  2. ダン・スタインマン

    カスタマーサクセス――サブスクリプション時代に求められる「顧客の成功」10の原則…
  3. ジャレド・ダイアモンド

    昨日までの世界(下) 文明の源流と人類の未来
  4. 小説

    万能鑑定士Qの事件簿 XI
  5. ジャレド・ダイアモンド

    昨日までの世界(上) 文明の源流と人類の未来
PAGE TOP