ビジネス書

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法




はじめの一行

序章

脳の機能を十二分に引き出せばあなたの仕事は変わる

毎日の仕事は「科学的な根拠」で変えよう!
私はよく、次のような質問を受けます。
「どうやれば、モチベーションを上げられますか?」
「どうやれば集中力が高まりますか?」
たしかにモチベーションや集中力は、日常的な仕事において、非常に重要な要素です。多くのビジネスマンは、「モチベーションを高めてバリバリ働きたい!」「集中力を高めて一気に仕事をこなしたい!」と思っているでしょう。
既刊のビジネス書にも、モチベーションアップの方法や、集中力を高める方法について書かれた本はたくさんあります。

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法(樺沢紫苑)

一般的な人がもちがちな、「モチベーション神話」をこの後バッサリ斬ります(笑)
そもそも、多くのビジネス書は、個人の経験をもとにしただけの本や、根拠の乏しいものが多く、再現性は怪しい、と。
そういったアンチテーゼから入ると、ついつい「じゃあ、どうすれば?」と読みたくなってしまいますね。

本書の内容

脳内物質の働きと人の行動

本書では、ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリン、セロトニン、メラトニン、アセチルコリン、エンドルフィンといった脳内のホルモンを解説し、その活用法と効果を記しています。
内容としては、それ以上でも以下でもないと思います。
一般的には、これらのホルモンは名前を一度は聴いたことがあるものばかりかもしれません。
しかし、これらがどういう状況になると分泌され、そのことがどう作用するのか。
また、それを意図的に活用するにはどうすればいいのか。
そんなことをまとめた本というのは意外と見かけなかったかもしれません。

本書では、一つの脳内物質につき1章をあてがい、一つ一つ丁寧に解説しています。
また、実際の行動への落とし込みについても、現実的な方法論を提案してくれます。

すべてを活用しつくせるか?

とはいっても、これだけの種類のあるホルモンです。
そしてこれらは、相互に関連しあいながら動いています。
従って、一気にすべてを活用しようとすると、ちょっと大変かもしれません。
そこでお勧めなのは、「自分が活用しやすい方法はどれか?」という視点で読み進めるといいかもしれません。
一つ一つは、決して難しいものではないものが多いので、選択的に採用していき、それが習慣化されると少しずつ仕事への成果も出てくるかもしれません。
なによりも、体感できる効果はあると思います。

この中のいくつかは私もやっていることがあり、決して無理のないものです。
それでも、「ああ、そういえば、良くなってるかも」という感覚はあります。
とはいっても、一瞬で「すげー!」という感じではないかもしれません。

活用し、習慣化していくのが肝要なのかもしれません。

Amazonでのご購入はこちら

 PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




心屋流 ちょっと変わった夢の叶え方前のページ

続 会社の寿命次のページ

ピックアップ記事

  1. 成長マインドセット
  2. はじめに
  3. 脳は「ものの見方」で進化する
  4. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  5. ある犬のおはなし

関連記事

  1. さわらぎ寛子

    今すぐ自分を売り出す1行を作れ

    はじめの一行はじめにこの本は、特別な才能やスキ…

  2. ビジネス書

    マーケティング・ジャーニー 変容する世界で稼ぎ続ける羅針盤

    はじめの一行はじめに●変容する世界で稼ぎ続ける羅針…

  3. ビジネス書

    “社風”の正体

    はじめの一行はじめに今、日本の企業文化が問われ…

  4. ビジネス書

    凡人が最強チームに変わる魔法の営業ミーティング

    はじめの一行プロローグいきなりですが、この本の…

  5. ビジネス書

    世界最先端の研究が教える すごい心理学

    はじめの一行まえがき「心理学をぜひ学んでみたい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ニック・トーマン

    おもてなし幻想 デジタル時代の顧客満足と収益の関係
  2. ビジネス書

    「買いたい!」のスイッチを押す方法 消費者の心と行動を読み解く
  3. ビジネス書

    お金2.0 新しい経済のルールと生き方
  4. ノンフィクション

    飛田で生きる: 遊郭経営10年、現在、スカウトマンの告白
  5. 太田英基

    日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。
PAGE TOP