パム・グラウト

こうして、夢は現実になる




はじめの一行

まえがき

これは、大きな存在にすべてをゆだねることで、創造性を最大限まで高めるための本だ。頭の中のうるさい声を無視して、まるでパラボラアンテナになったみたいに宇宙の電流をキャッチすると、創造性が最大限まで高まる。そうするだけで、言葉は自然とあふれ出してくるようになる。かきたかった文章や、完ぺきな言葉。その時まさに求めているものが、どういうわけかあなたの目の前に現れる。
芸術の女神ミューズでも、宇宙でも、神さまでも、どう呼んでもかまわない。とにかく大きな存在にお願いするだけでいい。私はこれを、ライターという仕事をしているうちに発見した。

こうして、夢は現実になる(パム・グラウト)

この著者の本はとてもテンポがよく、なんだか心が躍るようなものが多いと思います。
本書もその一つで、このまえがきを読むだけでなんだか、ワクワクしてくるのは私だけでしょうか。

本書の内容

こうして、〇〇は現実になる

本書は、こうして、〇〇は現実になるシリーズと言ってもよさそうな感じのタイトルです。
中身はこれまでと少し違って、芸術にフォーカスされています。
文章を書く、絵を描く、歌を歌う、ダンスする・・・などなど。
だからと言って、そういったことに関心のある人だけの物かというと、私はそうではないと思います。

というのは、多くの人は、どうしても狭い常識の中に囚われているような気がします。
仕事をうまく進めるためとか、家事をしっかりやるためにとか、そんなことを一生懸命考えがち。
そこで思考を思いっきり逆のほうに振って、自分の創造性を刺激しよう!と言っているのではないかと思っています。
そういう意味では、芸術の道に進みたい人だけでなく、今までの人生に変化を起こしたい人すべてに読んでいただきたい一冊と言えるかもしれません。

1年間で完成できること

本書は、1年間、毎週何かしらのチャレンジをするように勧めています。
つまり52週に対応したレッスンが提示されています。
中身としては人によっては難しい(技術的には難しくはなくとも気持ちの上でチャレンジしづらい)ものもあるかもしれません。
しかし、そういったものほどやったほうがいいのだと思います。

毎週のチャレンジをこなしていった先に、ミューズの声を聴くことができるようになるのか。
それはやってみないとわかりませんが、試してみる価値はありそうです。

やらなかったとしても、とても勇気づけられる言葉で埋め尽くされた本書は、一読の価値があるんじゃないかと思います。

Amazonでのご購入はこちら

ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. 成長マインドセット
  3. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  4. ある犬のおはなし
  5. 脳は「ものの見方」で進化する

関連記事

  1. 今谷鉄柱

    マンガでわかる 仕事もプライベートもうまくいく 感情のしくみ

    はじめの一行私たちの人生は、嫌なあいつにコントロー…

  2. アルバート・エリス

    現実は厳しい でも幸せにはなれる

    はじめの1行日本語版への序文私は一〇代の頃、人…

  3. 清水義久

    清水義久 金運革命CDブック (無限にお金が舞い込む「神の資本論」)

    はじめの一行はじめに私は幼少のころから不思議な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. アービンジャー・インスティチュート

    2日で人生が変わる「箱」の法則 決定版 人間関係のモヤモヤを解決するために
  2. 小説

    記憶屋II
  3. ビジネス書

    二代目が潰す会社、伸ばす会社
  4. ノンフィクション

    世界の最新医学が証明した 究極の疲れないカラダ
  5. ビジネス書

    日本再興戦略
PAGE TOP