アニータ・ムアジャーニ

もしここが天国だったら? ― あなたを制限する信念から自由になり、本当の自分を生きる




はじめの一行

はじめに

この世に生まれた時、
私が知っていたのは、愛すること、笑うこと、自分の光を明るく輝かせることだけでした。
でも、成長するにつれて、世間の人から笑うことをやめるように言われたのです。
「この世で成功したければ、人生を真剣に受け止めなければいけない」と。
だから、私は笑うのをやめました。
「傷つきたくなければ、誰を愛するかには注意しなさい」とも言われました。
だから、私は笑うのをやめました。

もしここが天国だったら? ― あなたを制限する信念から自由になり、本当の自分を生きる(アニータ・ムアジャーニ)

ちょっと詩的なまえがき。
本書の内容はまさに、そういう内容。
そういう内容ってどういう内容?と聞かれそうなんですが、それは次章で。

目次

はじめに
第一章 誤った社会通念① したことが自分に返ってくる
第二章 誤った社会通念② 自分を愛することは利己的である
第三章 誤った社会通念③ 真の愛とは何をされても許すこと
第四章 誤った社会通念④ 自分には問題があり、あなたにも問題がある
第五章 誤った社会通念⑤ ヘルスケア制度が健康管理をしてくれる
第六章 誤った社会通念⑥ それは単なる偶然だ
第七章 誤った社会通念⑦ 死んだら自分の罪を償う
第八章 誤った社会通念⑧ スピリチュアルな人にはエゴがない
第九章 誤った社会通念⑨ 女性は男性より弱い
第十章 誤った社会通念⑩ いつもポジティブでなければいけない
あとがき
謝辞

本書の内容

臨死体験をした著者

本書の著者は、癌で多臓器不全となり、一旦は亡くなった人です。
いわゆる臨死体験をした人です。
しかし驚きなのが、その後生還した時には、体中の癌がすっかり消えてなくなっていたというのです。
その様子は、『喜びから人生を生きる! ― 臨死体験が教えてくれたこと』に書かれてるので、関心のある方はそちらを読んでみてください。

私がその本を読んだのはこのブログを始める前だったので、まだ記事にしてませんが近々、読み直して記事を書こうと思います。

さて、この著者が臨死体験から学んだことは、たった一つのことです。
それは「喜びから生きるか?それとも恐れから生きるか?」ということです。

前著はそれが強調されていましたが、本作はそういった思いを10のシーンに置き換えて話をしてくれます。

書かれていることはどこかで聞いたような話

正直なところ、この本に書かれていることは不思議な話も多いのですが、どこかで誰かの本で読んだような既視感があるものばかり。
だから、ちょっとスピ系の本をたくさん読んでる人からすれば、目新しい話はないと思います。
それでもついつい引き寄せられる。
というか、読んだ後にいろいろ考えさせられるのです。

前著が衝撃的だっただけに、本作を読み始めて「ななめよみでいいか」と思っていたのですが、ついつい頭の中には反復される言葉があります。
それは、「自分は、喜びから生きているだろうか?」ということ。
テーマがそこだけに絞り込まれているからなのかもしれませんが、とても強く引き込まれる一冊でした。

Amazonでのご購入はこちら

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ピックアップ記事

  1. 脳は「ものの見方」で進化する
  2. はじめに
  3. 成長マインドセット
  4. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  5. ある犬のおはなし

関連記事

  1. ひすいこたろう

    悪魔とのおしゃべり

    はじめの一行イントロダクションはマンガで本書は…

  2. 清水義久

    包み込みの幸福論: だから、未来は変えられる!

    はじめの一行プロローグ幸せになりたい、というの…

  3. 大嶋信頼

    リミットレス! あなたを縛るリミッターを外す簡単なワーク

    はじめの一行はじめにとうとう、この日はベッドか…

  4. はせくらみゆき

    宇宙を味方につける リッチマネーの秘密

    はじめの一行共感からスタート本書はこんな書き出…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ビジネス書

    人もお金も自然と集まる ファンクラブビジネスの始め方
  2. 八木龍平

    成功している人は、なぜ神社に行くのか?
  3. 七尾与史

    ドS刑事 三つ子の魂百まで殺人事件
  4. 心屋仁之助

    ネコになってしまえばいい
  5. お悩み解決〇〇に効く本

    会社の売り上げを上げたいときに読む本
PAGE TOP