小説

悪魔と呼ばれた男




はじめの一行

プロローグ

雨に濡れた墓石は、悲しみをたたえているようだったーー。
天海志津香は、持参した白い菊の花をそっと手向け、目を閉じて合掌した。
死後の世界があるとは思っていない。だから、こんな風に黙とうしたところで、その思いが故人に届くことはない。
では、自分は何をしているのかーーー恐らくは自己満足なのだろう。
忘れていないという意志表示。或いは、こうして変わらず墓を訪れることで、自分が死者を悼しむことのできる人間であるということを確認している。

悪魔と呼ばれた男(神永学)

ちょっと自分自身を皮肉った始まり。
この天海志津香なる人物の情報のはじめがこのような皮肉めいたつぶやきとは。
なんだかちょっとダークな物語を予感させられます。
このシーンは後でわかるのですが、とても物語の中でも重要なシーンと言えるかもしれません。
それを一番最初にもってきたところに、本作の意図が微妙に見えてくるのかもしれません。

本書の内容

心霊探偵八雲をほうふつとさせるキャラ?

もともと妻の勧めもあって、神永さんの作品は心霊探偵八雲をけっこう楽しく読んでいた時期があります。
あるタイミングから、妻は「買ってきたよ」と八雲のシリーズ作を渡してくれることもなくなり、八雲とお父さんの関係はどうなったのだろう?
というところが未だに気がかりな私。

で、本作はそのシリーズとは全く違うお話です。
ただ、ちょっと登場人物に、近いにおいを感じています。
どこか天真爛漫というか、すごくフレッシュなイメージのある天海志津香という女性キャラ。
そこにかぶせるように、どこかつかみどころのないイケメンキャラがかぶさる。
この構図、なんとなく八雲とにてるかも、なんて思うのは私だけではないんでしょうね。

 

ま、ただ、役割的にはずいぶん違います。
割とまじめな刑事である天海にたいして、イケメン君は特殊なプロファイリングチームを率いてる。
そもそも彼の本心が今一つ見えない中で、天海はけっこう翻弄されます。
そして、事件に巻き込まれてしまいます。

本作はシリアルキラーがテーマ。
なんとも宗教的な意味のありそうな形の殺人現場。
そこの追跡から始まるのですが、捜査本部とは全く違う方法で操作を行うチームがその天海の関わるチーム。
といっても数人しかいないんですが、こいつらが最強なわけです。

で、最後にはあんなことになって、こんなことにもなって・・・とけっこうなどんでん返しが仕込まれています。
話としては、じーーんと胸に残るタイプの物ではありませんが、エンターテイメント的にはけっこう楽しかったと思います。

Amazonでのご購入はこちら

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. ある犬のおはなし
  3. 成長マインドセット
  4. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  5. 脳は「ものの見方」で進化する

関連記事

  1. 小説

    イリュージョン 最終版

    はじめの1行1警察学校を出ると、男の場合は交通…

  2. 小説

    眼球奇譚

    はじめの1行再生私の眼前には、妻、由伊の身体が…

  3. 小説

    クラシックシリーズ5 千里眼の瞳 完全版 (角川文庫)

    はじめの一行マイクロサッカード 時事共同通信社…

  4. 小説

    13階段

    はじめの一行次を読みたくなる1行高野和明さんと…

  5. 小説

    奇奇奇譚編集部 ホラー作家はおばけが怖い

    はじめの一行まずは恐怖の体験から本書は、行って…

  6. 小説

    万能鑑定士Qの事件簿X

    はじめの一行終焉夜間に駐車中のバンの中、明かり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 小説

    悪魔と呼ばれた男
  2. ビジネス書

    なぜ科学はストーリーを必要としているのか──ハリウッドに学んだ伝える技術
  3. ビジネス書

    モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書
  4. アラン・ピーズ、バーバラ・ピーズ

    自動的に夢がかなっていく ブレイン・プログラミング
  5. ノンフィクション

    第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい
PAGE TOP