ビジネス書

全員経営者マインドセット――MSマトリクスで実現する次世代組織




はじめの一行

まえがき

あなたの会社には、社長は何名いますか?

「何をバカな質問を!」---そういわれてしまうかもしれません。
たしかに近年、二代表制や共同CEOなども耳にするようになったとはいえ、それはレアケースであり、普通、社長は1名ですよね。
実は私の質問の「社長」は肩書ではなく、”社長マインドセットの人””経営者マインドセットの人”の意味です。

では、質問をあらためます。皆さんの会社には”経営者マインドセット”を持つ経営幹部、ミドルリーダー、社員は何名いますか?

全員経営者マインドセット――MSマトリクスで実現する次世代組織(吉田行宏)

「あなたの会社には、社長は何名いますか?」
この意表を突いた質問が、本書のまえがきに仕掛けられた最大の罠(笑)かもしれませんね。
常識から考えると考えられないような問いかけ。
そんな問いを突き付けられて、オドオドする読者。
そりゃあその謎を解明したくなりますよね。
そうやって、読み進めさせる戦略なんじゃないかと思います。

本書の内容

「成長マインドセット」の組織版

以前このブログでもご紹介したことがある、成長マインドセットというほんがありました。

(その時の記事はこちら)

成長マインドセット

この本は、あくまで個人の自己啓発。
たまたま訪れたコーヒーショップのマスターが、主人公に様々な質問やワークを通して、
主人公の成長マインドセットを呼び起こす内容でした。

マインドセットというのは、思考の枠組み。
何かが起こったと説き、それをどうとらえる癖を持っているかということ。

前著、成長マインドセットでは、人がつまづくとき、心の中で何が起こっているのか。
思ったように成長できない時、何が起こっているのか。
そもそも自分はどこへ向かおうとしているのか。
そんなことを解き明かして、自分の成長を促す内容になっています。

全員経営マインドセット

本書の目的は、全員経営。
社長の憧れかもしれませんね。
けど、普通はうまくいきません。
なぜなら、社長は社長ですが、社員は社員だから。
社員が全員経営に向かうモチベーションなんて持ち合わせられないのです。
なぜならば、何の得もないから。

ただ、そこへ向かえば仕事は楽しくなるはずだし、人生そのものが充実したものになるはず。
だからもっと仕事に打ち込んでみよう!とはいいませんが、その状態を目指すための本。

ここでいうMSマトリクスというのは「マインド」と「スキル」によるマトリクスです。
マインドが高いけどスキルの低い人もいるし、
当然その逆もいる。
両方高いのが理想ですが、両方低い人もいる。
こういった人たちを、今まではどちらかと言えばスキルの身で評価せざるを得なかったのですが、マインドの考え方も入れ込む。
そのうえで、会社にとってかけがえのない人材に育てていく具体的や方法が提示されています。

組織についてだけに、前著の成長マインドセットよりかは複雑ですが、決して難しいものではありません。
参考まで、管理職、リーダー、経営者の方には読んでおいて損のない一冊ではないでしょうか。

▼ 本書の目次

第1章 自社の組織は強い? 弱い?
1 自社の組織の「本質的課題」は何か?
2 会社の成長に不可欠な4要素
3 自社の組織の現状を知る

第2章 マインドセットの高い人、低い人とは?
1 MSマトリクスから何がわかるのか?
2 各ゾーンに見られる特徴
3 「マインドセット」は6つの要素の複合体
4 「マインドセット」の勘違いされやすい内容

第3章 マインドセットは、誰から、どう向上すべきか?
1 いよいよ、組織のマインドセット向上へ
2 目指したい組織の形を確認する
3 個人の成長に必要な5つの要素
4 実践前に注意すべき5つのポイント

第4章 リーダーのマインドセットとスキルが向上する方法
1 リーダーに必要な能力とは?
2 リーダーの「組織マネジメントスキル」とは何か?
3 リーダーの「マインドセット」が向上する2つの方法
4 「組織マネジメントスキル」が向上する5つの方法

第5章 MSマトリクスを採用・評価にも活用する
1 MSマトリクスの採用・評価への応用
2 MSマトリクスを採用に活用する
3 MSマトリクスを評価に活用する

特別章 マインドセットが上がり、戦略思考が磨かれる“全員経営者弁証法的会議”
1 会議で組織は劇的に変わる
2 「弁証法的会議」とは何か?
3 弁証法的会議の7つのポイント
4 弁証法的会議の注意点

Amazonでのご購入はこちら

 

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ピックアップ記事

  1. ある犬のおはなし
  2. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  3. はじめに
  4. 脳は「ものの見方」で進化する
  5. 成長マインドセット

関連記事

  1. ビジネス書

    数学女子智香が教える 仕事で数字を使うって、こういうことです。

    はじめの一行仕事で「数字」は正しく扱われていない!…

  2. ビジネス書

    「売る」コピー39の型

    はじめの一行型にはめればいい?コピーライティン…

  3. ビジネス書

    これからの世界をつくる仲間たちへ

    はじめの一行プロローグ「魔法をかける人」になるか、…

  4. ビジネス書

    最強の縄文型ビジネス イノベーションを生み出す4つの原則

    はじめの一行はじめにこれまでビジネス界をリード…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ノンフィクション

    FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基…
  2. ビジネス書

    アクセル デジタル時代の営業 最強の教科書
  3. ジェームズ・W・ペネベイカー

    こころのライティング―書いていやす回復ワークブック
  4. 小説

    万能鑑定士Qの事件簿 II
  5. マンガ

    ゆる視えっ! オバケっぽいものに遭いました。
PAGE TOP