ロルフ・ドベリ

Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法




はじめの一行

はじめに

良い人生を送るために必要な「思考の道具箱」

大昔、少なくとも二五〇〇年前から、私たち人間は「よい人生」とはいったいどういうものだろうと考え続けてきた。
この世に生を受けたからには、できるなら幸せな人生を送りたい。
そのためには、どう生きればいいのだろう? 良い人生の条件とは何だろう? 運やお金はどれぐらい大事なのだろう?

そもそも、良い人生かどうかはどうやって決めるのか? 考え方の問題? 心がまえ?それとも、人生の目標を達成できたかどうか? 積極的に幸せを求めるべきなのか? そうではなくて、まずは厄介ごとを避ければいいのか?

Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法(ロルフ・ドベリ)

本書のまえがきは、けっこう計算されているのかもしれませんね。
誰もが一度は頭に浮かべたことがありそうな疑問を並べてみる。
一行目の2500年前というのは、きっと古い哲学者のことを指しているのでしょうが、そこから同じことを延々繰り返してきているようなメタファーになっているのかもしれません。
そして本書がそのヒントをお伝えしますよ・・・ということなのでしょうか。

本書はいろんな書店で平積みにされているので結構売れているのでしょうね。
たまたま見たSNSでのある方の書評で絶賛でしたので、私も楽しみに本書を開きました。

本書の内容

人が活きることに意味付けが必要になってきた?

今、働き方が変わり、生き方が変わり、人生100年時代がやってきて、少子化が顕著になってきた。
かつて、働く意味や、生きる意味なんて考える必要はなかったように思います。
ただただ、必死だったから。
意味を考える隙間もなかったんですね。

それがだんだんと世の中にある意味ゆとりができてきて、働くことがすべてじゃない、という考え方が出てきた。
すると、盲目的に「人生をかけて働け」と信じてたことが、ある時、「そこに何の意味があるのか?」なんてことを考え始めるわけです。
学校も、「絶対に行かねばならぬ場所」だったのが、「不登校もOK」な時代に変わってるし。

考えてみたら、行く意味、学ぶ意味、働く意味、考えたこともなかったよね、と。

すると、先人もまたそんなこと考えもしなかった人がほとんどなので、参考となるお手本がない。
そこで多くの人が迷うわけですが、そのヒントを本書は提供してくれます。

人生礼賛の本ではない

となると、ありがちなのは、「人生は素晴らしい」なんてことをこんどは盲信させるような本はけっこう多い。
考えずに、従え、的な本は意外と多いものです。
しかし、本書は恐らく、自分の頭で考えることを推奨していると思います。
明確にそういう意図が書かれていたかは記憶にありませんが、なんとなく奥底にはそんな考えが横たわっているような気がします。

だから見方によっては、ちょっぴりシニカルなアドバイスもあります。

名言は数知れずありますが、私の印象に残ったのは後半部分のお話です。

あなたの人生など、世界にとっては取るに足らないもの。
人が世界を帰るなんてことはあり得ない。
革命は、その人が興したというより、その人が興さなければ誰かが興していた。
人の存在なんてその程度。
だから、自分の人生に集中せよ。
世界を変えてやろうとするより、自分として満足する生き方を追求せよ。

そんな風なメッセージがあったように思います。
52のアイデアは、すべてに共感できるわけではなかったのですが、いくつか心に響くものはありました。

Amazonでのご購入はこちら

 

ピックアップ記事

  1. 成長マインドセット
  2. ある犬のおはなし
  3. 脳は「ものの見方」で進化する
  4. はじめに
  5. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

関連記事

  1. 八木龍平

    成功している人は、なぜ神社に行くのか?

    はじめの一行プロローグ科学者が”商売あがったり…

  2. 自己啓発

    リフレーム ~一瞬で劇的な変化を生みだすカウンセリングの技術~

    はじめの一行はじめに 実践的でパワフルなスキル…

  3. Jam

    多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。

    はじめの1行はじめに「お芝居と同じように、人生…

  4. ジョセフ・マーフィー

    マーフィー眠りながら成功する

    はじめの1行まえがきあなたが精神の眼を開いて、…

  5. 古賀史健

    嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

    はじめの一行物語風の始まり本書は、哲人と青年の…

  6. 本田健

    お金のIQ お金のEQ

    はじめの一行はじめに金持ちになれれば、人生の問…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 小説

    万能鑑定士Qの事件簿IV
  2. 石田久二

    僕らの魂が地球に放り込まれた理由-7人の神様に聞いてみました
  3. つのだじろう

    恐怖新聞(1)
  4. 七尾与史

    ドS刑事 桃栗三年柿八年殺人事件
  5. ノンフィクション

    16万人の脳画像を見てきた脳医学者が教える「脳を本気」にさせる究極の勉強法
PAGE TOP