ノンフィクション

金融再起動 旧体制の崩壊から世界大革命へ




はじめの一行

落ちた平成の巨星

新元号は「令和」に決まった。
2019年4月1日、菅義偉官房長官は記者会見で新元号を発表した。
この「令和」という元号は、響きは新しいと思った。ただ、字面を見るといろいろな取り方をする人がいるだろうなという気がした。典拠が万葉集だということは、平成の時代が外国にむしばまれた時代だったので、日本らしさを発揮したいという気概であってほしいと感じた。

金融再起動 旧体制の崩壊から世界大革命へ(ベンジャミン・フルフォード)

まえがきらしいまえがきはすっ飛ばして、いきなり本題。
たぶんですが、この第一章は後から書き足された部分もあるのかもしれません。

元号の変化の話から始まることで、時代の変化をイメージさせるという流れなのかもしれませんね。

本書の内容

大雑把に言うと陰謀論

そもそも、ベンジャミン・フルフォードといえば、巷では陰謀論の大御所と呼ばれているそうな。
まあ陰謀論を切って捨てる人からすれば、「人を信じさせる魔力がある」のかもしれませんし、
逆に陰謀論が正しいと信じる人からは、そういった皮肉こそが陰謀論を無効化しようとするやつらのたくらみだ、ということになる。
ハッキリ言って、彼らの論争からは、何が正しいかを導き出すことは難しい。
だから、自分の頭で考えることが必要となります。

となると、それぞれの言い分を、それなりに聞く必要があります。

・・・というほど高尚な思いは私にはありませんが、そういう思いで本書を手にとる人もいるのでしょう。

私に関して言えば、恥ずかしい話ですが、ちょっとオカルトチックな好奇心で読んでみたわけです。

 

しかし、残念ながらこの本は、わりとしっかりした経済や金融、国際情勢を知っていないと読みにくい内容じゃないかと思います。
かのカルロス・ゴーンの逮捕というとてもキャッチーな出来事を引っ張り出して話をするだけではなく、そこそこ難しい話が書かれています。

エンタメを求めた私にとっては・・・

ということで、結論めいた話をするならば、陰謀論というものをエンターテイメントとして楽しもうという人には、本書はあまり合わない。
それなりにまじめに学ぼう、まじめに議論しよう、という人のために書かれた内容だと思います。
もちろん、著者はこのジャンルをそもそもエンタメとは考えていないと思います。
しっかりとした取材と、論理構成で作り上げた一冊だと思いますので、そこをマジメに学ぶつもりのある人にはお勧め(じゃないかと思います。)

 

Amazonでのご購入はこちら

 

ピックアップ記事

  1. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  2. 脳は「ものの見方」で進化する
  3. 成長マインドセット
  4. はじめに
  5. ある犬のおはなし

関連記事

  1. ノンフィクション

    天才! 成功する人々の法則

    はじめの一行天才なのに老衰?寡作ですが、出す本…

  2. ノンフィクション

    学問のすすめ

    はじめの一行あまりにも有名なあのフレーズ福沢諭吉と…

  3. ノンフィクション

    時間は存在しない

    はじめの一行もっとも大きな謎、それはおそらく時間…

  4. ノンフィクション

    僕が学んだゼロから始める世界の変え方

    はじめの一行衝撃的な始まり本書は、こんな一文か…

  5. ノンフィクション

    なぜ保守化し、感情的な選択をしてしまうのか : 人間の心の芯に巣くう虫

    はじめの一行はじめに 私たちの行動の原動力となるも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 大嶋信頼

    リミットレス! あなたを縛るリミッターを外す簡単なワーク
  2. つのだじろう

    恐怖新聞(3)
  3. 自己啓発

    THE NAKED CORE(ザ ネイキッド コア)―人生の縦糸
  4. 堂場瞬一

    バビロンの秘文字(上)
  5. 小説

    バッドカンパニー
PAGE TOP