ビジネス書

あなたの知識や経験を、コンサルタントになって大きな稼ぎに変える法~年収3千万円以上を実現する収益モデルのつくり方~




はじめの一行

まえがき

本書は、自分の知識や経験、ノウハウ…などを活かして「コンサルタントになって大いに活躍したい人」のために書いた専門の書です。最大の特徴は、あくまでも「普通の人」を念頭に、その具体策を示している点です。
ここでいう「普通」とは、いわゆる会社勤めや、仕事の現場で頑張っている人です。10年、15年、場合によってはもっともっと長い年月…一生懸命に働き、そこで積み重ねてきた「自分の知識や経験、ノウハウ…と言ったものを、何か向かわれる形にできないものか」と真剣にお考えの方です。

あなたの知識や経験を、コンサルタントになって大きな稼ぎに変える法~年収3千万円以上を実現する収益モデルのつくり方~(五藤万晶)

タイトルとまえがきのフィット感は悪くないかんじです。

本書の内容

方向性を示す書?

本書のタイトルを見て、私は手元にある知識や経験を、どうやってノウハウ化し、提示していくか?ということが書かれた本だと思いました。
しかし、実際のところは少し違っていて、知識を「パッケージ化して提供すべし」というガイダンスはあるものの、その方法は明確にされていません。
ざっくりした方針は示されていますが、具体的に行動するにあたっては、「注意を要するので、しっかりと学ぶべき」というところで止まってしまいます。
つまり、肝になる部分がここにはほとんど書かれていない印象で、結局は、私のところに相談に来てくださいね、という流れであるように感じました。

もちろん、それは私の読み方の問題で、すっかりと重要なポイントを見落としている、ということもないとは言い切れません。
ですから私のいうことを真に受けず、ご自分の眼で確認していただきたいのですが、わたしとしては具体的な内容が今一つ読み取れなかったのが本書です。

バイブル商法というものがあります。
現代においては、小冊子の配布でニーズを掘り起こし、本契約にこぎつけるパターンですね。
本書は、そういった役割を担っている本のようにも感じました。

全体の流れを見てみると

ざっくりした流れは、「例えば出版する人もいるけど、目的を見失わないように」と言っています。
要は、本でノウハウを授けることが目的ではなく、本はあくまで自分のビジネスにお客様を呼び込むツールである。
それを忘れずに書かないとうまくいきませんよ、と。
だから、この本も、ノウハウの肝は書かれていません。
そういう意味では著者は自分の考えをしっかり実践していると言えそうです。

あとは、コンサルはスポットで行うよりパッケージ化。
その方法は書かれていないですが、きっと、著者のセミナーに行けば教えてもらえるのでしょう。
少なくともそういう期待はしたくなる内容でした。

そもそも、知識や経験はあれどコンサルとして独立する過程においては、その知識や経験の「ノウハウ化」がとても悩む部分だと思いますがそこへは答えてくれる内容ではありませんでした。

ただ、Amazonの評価を見ると、★一つと5つという完全に評価が二分しています。
★5つの評価がけっこうあることをみると、どうやら価値を感じている人が相当数いるようですね。
私の眼は節穴のようです・・・苦笑

Amazonでのご購入はこちら

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣前のページ

万能鑑定士Qの事件簿 XI次のページ

ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. 成長マインドセット
  3. ある犬のおはなし
  4. 脳は「ものの見方」で進化する
  5. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

関連記事

  1. ビジネス書

    マンガでやさしくわかるU理論

    はじめの一行はじめに100年後の歴史の教科書に…

  2. ビジネス書

    実験思考 世の中、すべては実験

    はじめの一行はじめに すべてのビジネスは「実験」だ…

  3. ビジネス書

    売ってはいけない 売らなくても儲かる仕組みを科学する

    はじめの一行まえがきマーケティング発想で、「販…

  4. ビジネス書

    一生使える 見やすい資料のデザイン入門

    はじめの一行カッコいい資料を作るコツ私たちは、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 夏目漱石

    吾輩は猫である
  2. 並木良和

    分離から統合へ -「人類の目覚め」を紐解く二つの異なる切り口
  3. アルバート・エリス

    現実は厳しい でも幸せにはなれる
  4. ビジネス書

    仕事ごっこ ~その“あたりまえ”、いまどき必要ですか?
  5. ビジネス書

    2人から100人でもできる! 15分でチームワークを高めるゲーム39
PAGE TOP