マンガ

小説 ブラック・ジャック




はじめの一行

BJ VS AI

「弓部大動脈置換術を行う。開胸!」
ブラック・ジャックのメスは、早くも患者の心臓へ到達していた。
向かいに立つ第一助手の医院は息を呑んで、B・Jと呼ばれるその男の手さばきを見つめていた。手術を始めてまだ数分と立っていないのに、この無免許医はすでに上行・弓部大動脈の良好な視野を獲得しつつある。隣に立つ器械出しの看護師も指示に追いつけないほどだ。オトカは術野を指さしていった。

小説 ブラック・ジャック(手塚治虫・瀬名秀明)

本書は、短編5話が衆力されてますが、その一話。
はじめの話の冒頭です。
いきなりの手術シーン。
やっぱりブラック・ジャックといえば、手術。
そんな象徴的でもあるシーンを一番前にもってくるのは、憎い演出ですね。

本書の内容

設定をそのままに小説化

たまたま本屋で見つけた本書。
中身はどういうものかというと、手塚治虫氏のキャラクター設定をそのままに、小説を書き上げたというもの。
だから、ストーリーはオリジナルです。

当初私は、手塚治虫氏のすでにある物語を引っ付けて(テレビアニメがそんな感じだった)一話に仕立てるとか、そんな感じかと思っていました。
しかし、私の記憶を探っても出てこないストーリーなので、恐らくオリジナルだと思います。
しかし、登場人物には、どこかなじみのあるキャラクターも出てきます。
そして、ブラック・ジャックのうち、コミックで出てきたストーリーともうまくからみあわせています。

ノベライズに際して、作家である瀬名さんはそうとうブラックジャックを読み込んだか、もともと相当お好きな方だったようです。
かなりマニアックな話題が出てきて、わかる人にはわかる、といった内容も結構あります。
これは知っていても知らなくてもOKな部分ばかりですが、過去にブラック・ジャックにハマった人たちなら、ぜひ読んでほしい一冊です。

新しい小説の形?

今回面白いな、と思ったのはブラック・ジャックを輩出した少年チャンピオンコミックスの秋田書店と、いくつかの会社の共同プロジェクト。
実はこのシリーズは、ブラックジャックだけではなく、

・エコエコアザラク
・恐怖新聞

とがほぼ同時に刊行されているようです。
どちらも、ファンの多いコミックですから、ちょっとした話題にはなりそうですね。

もしかしたらこちらにも手を出すかもしれません。
エコエコアザラクはさほど読んだ経験がありませんが、恐怖新聞はかなり何度も読み返しましたので(笑)
ノベライズに際しての作家人もかなりのものですので、是非チェックしてみてください。

Amazonでのご購入はこちら

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ピックアップ記事

  1. ある犬のおはなし
  2. 脳は「ものの見方」で進化する
  3. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  4. 成長マインドセット
  5. はじめに

関連記事

  1. 小説

    ジェノサイド

    はじめの一行何気ない日常この小説は、まあ普通の…

  2. 小説

    探偵ガリレオ

    はじめの一行1「……振り向いたところを見れば、…

  3. 小説

    万能鑑定士Qの事件簿VIII

    はじめの一行台湾のぞみにそっくり、というより、…

  4. 久坂部羊

    廃用身

    はじめの一行まえがき「廃用身」という言葉をご存…

  5. 小説

    万能鑑定士Qの事件簿VI

    はじめの1行夢物語東京湾埋立地、芝浦埠頭の倉庫…

  6. 小説

    水鏡推理6 クロノスタシス

    はじめの一行1向かいのデスクに、いるべきいない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ノンフィクション

    サピエンス全史
  2. 小説

    千里眼 The Start
  3. ビジネス書

    毎日読みたい365日の広告コピー
  4. ノンフィクション

    第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい
  5. ビジネス書

    なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?―小さな力で大きく動かす!システム思考…
PAGE TOP