つのだじろう

恐怖新聞(3)




はじめの一行

第七話 百物語

日本には
昔『百物語』と呼ばれる
怪談会のもよおしがありました。
百人の人間が百本のろうそくを立て
一人が一つずつ怪談話を
しては ロウソクの火を
一本ずつ消していくのです
最後の百人目が
終わった時 部屋が
真っ暗になる…という
趣向のもよおしです

『恐怖新聞(4)』つのだじろう

恐怖新聞の四巻は、「百物語」から始まります。
なぜか、けっこうたくさんの人が知っているこの百物語というもよおし。
そのやり方についてのお話から始まります。

これはそもそも読者の知識を均一化する狙いがあるのでしょうね。

本書の内容

宝さがし

今回の巻では、まずはクラスの友人が「百物語」をする、という話から。
この百物語、最後の語り手が話を終え、ロウソクの炎を消すとき、何かが起こると言われています。
主人公、鬼形少年はその話を聞き、いてもたってもいられなくなります。
そこで起こる怪奇。

さらには、放火事件にも巻き込まれていきます。
ここまでは鬼形少年は「もうかんべんしてくれよ」という感じなのですが、ここから態度が変わります。
ちょっと怪しげな宝さがしに自ら首を突っ込みます。
どうやら、ロマンを感じたそうな。

日頃辛い思いをしている鬼形くんですから、いい思いをしてほしいのですが、
物語はどう進んでいくのか…

ざっとこんな話で構成される第4巻は、私にとっては真ん中の放火事件がけっこう怖かった。
ネタバレなので多くは語りませんが、近所で起こる放火事件に、どうやらクラスメイトが関与しているらしいということを鬼形は察知します。
そしてその背景にあったある怨念は…といったかんじ。
あるいみ、昭和にありがちな怪談話っぽい雰囲気がありますが、それゆえゾッとするとモノでした。

今回も安定の面白さでした。

Amazonでのご購入はこちら

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




小説 ブラック・ジャック前のページ

insight(インサイト)――いまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己認識の力次のページ

ピックアップ記事

  1. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  2. 脳は「ものの見方」で進化する
  3. 成長マインドセット
  4. はじめに
  5. ある犬のおはなし

関連記事

  1. つのだじろう

    恐怖新聞(2)

    はじめの一行はじめにごらんなさい!光体群だ…

  2. TONO

    猫で語る怪異 2

    はじめの一行第14話Tさん夫婦の旅行帰りの…

  3. つのだじろう

    恐怖新聞(6)

    はじめの一行あらすじ鬼形礼の通う石堂中学の音楽…

  4. つのだじろう

    恐怖新聞(4)

    はじめの一行不幸の手紙この手紙は不幸という死神…

  5. つのだじろう

    恐怖新聞(1)

    はじめの一行はじめにわたしたちの住んでいる…

  6. マンガ

    「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

    はじめの一行働きすぎてうっかり自殺しかけました。し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ジェイソン・ファン

    トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ
  2. ビジネス書

    先輩、これからボクたちは、どうやって儲けていけばいいんですか?
  3. ビジネス書

    凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク
  4. 小説

    少女
  5. 実用書

    ストレス・疲れがみるみる消える! 1分間 どこでもマインドフルネス
PAGE TOP