つのだじろう

恐怖新聞(4)




はじめの一行

不幸の手紙

この手紙は不幸という死神で沖縄から順に私のところにつきました。
カナダから出たそうです。あなたのところで止めると不幸が訪れます。テキサスの人がそれを止めたたために5年目に死にました。
あなたも文章を変えずに50時間以内に29人に出してください。

私が1441人目です

『恐怖新聞(4)』つのだじろう

夏の特別企画(?)、恐怖新聞も今回で4巻目。
今回は冒頭からいきなり、不幸の手紙の全文公開から。

マンガの一コマに、この不幸の手紙が描かれています。
幸い私は受け取ることはありませんでしたが、なんだか妙なリアリティとバカバカしさが混在していますね。
日本語なのに、カナダから出てテキサスの人が止めた・・・と。

ちなみに、本の中でこんなのはイタズラである、と断言しています。

本書の内容

今回も充実・・・?

ということで恐怖新聞の第四巻。

なかみは、この不幸の手紙。
そして、あの名画「モナリザ」について。
あとは武士の時代のお話、笑う骸骨。
そして最後は悪魔に関して。

最後のお話は、あのホラーの名作「エクソシスト」をほうふつとさせる内容でしたが、相変わらずゾッとさせられる話です。

冒頭の不幸の手紙の話も、もともとはじめにご紹介した文面の手紙がクラスメートに届いたところから話が始まります。
が、これを鬼形は「ただのイタズラ」と決めつけみながホッとした時、ある悪意ある計画が盛り上がってきます。
その成り行きはぜひ本書を見ていただきたいのですが、これはこれでけっこう怖い話です。

マンガ版「ムー」

まえにもお話ししましたが、改めてみてみると恐怖新聞はマンガ版の雑誌「ムー」ともいえる内容。
しかし一方で、鬼形に迫りくるポルターガイストの霊力との戦いは時間あたりから徐々に動き始めます。
そもそも今回の「悪魔」に関するストーリーには、実はポルターガイストがかなり重要なファクターとしてかかわってきます。

次々と不思議な話を鬼形の眼を通じて体験する私たち。
そして、鬼形自身の物語が進み始める。
そんなターニングポイントになる1冊といえるかもしれません。

 

Amazonでのご購入はこちら

 

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ピックアップ記事

  1. 脳は「ものの見方」で進化する
  2. はじめに
  3. ある犬のおはなし
  4. 成長マインドセット
  5. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

関連記事

  1. マンガ

    スピ☆散歩 ぶらりパワスポ霊感旅 6

    はじめの一行はじめに昨年2017年は、このコミ…

  2. つのだじろう

    恐怖新聞(3)

    はじめの一行第七話 百物語日本には昔『百物…

  3. つのだじろう

    恐怖新聞(5)

    はじめの一行悪魔のカードグフフフフどけ…

  4. つのだじろう

    恐怖新聞(9)

    はじめの一行他人の顔ねえねえ聞いた!?…

  5. つのだじろう

    恐怖新聞(7)

    はじめの一行背中が怖い中神さんおねがいだっ…

  6. つのだじろう

    恐怖新聞(6)

    はじめの一行あらすじ鬼形礼の通う石堂中学の音楽…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ビジネス書

    ブスのマーケティング戦略
  2. ビジネス書

    頭の中を「言葉」にしてうまく伝える。
  3. ビジネス書

    先輩、これからボクたちは、どうやって儲けていけばいいんですか?
  4. ビジネス書

    直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN
  5. 小説

    豆の上で眠る
PAGE TOP