ダニエル・カーネマン

ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか?




はじめの一行

序論

本を書く人なら誰でも、読者が自分の本から得た知識をどんな場面で活用するのか、頭の中に描いているのではないだろうか。
私の場合には、それは、オフィスの井戸端会議である。
意見を交換し噂話に盛り上がる、あれだ。読者が誰かの判断や選択を批判したり、会社の新しい方針や同僚の投資の品定めをしたりするときに、もっと正確で内容のある言葉を使ってほしいと私は考えている。

ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか?(ダニエル・カーネマン)

この三行ではなかなか本書の本質は見えにくいですね。
まあこのあと1~2ページほど読み進めると、本書のダイジェストというか前振り的な内容になります。
科学的な読み物によくある、まずは内容をかいつまんでお話しするまえがきのようです。

ちなみに、下巻のレビューはこちら。

ファスト&スロー(下) あなたの意思はどのように決まるか?

 

本書の内容

心理学者なのにノーベル経済学賞受賞者

まずは本書の著者、ダニエル・カーネマンについて。
実は、ビジネス書びカテゴライズされる本の中で、とてもよく見かけるのが、このダニエル・カーネマンに関する記述です。
彼が書いた本や論文の中から、かなり多くの引用がなされている。
ということで、まあ気になってしょうがないので、この本を手にとった、というのが本書を読み始めた経緯です。

それから知ることになるのですが、彼は心理学が専門であるにもかかわらず、ノーベル経済学賞を受賞しているという変わり種。
まあ、経済学と心理学は、結局人の動きによるものということで、つながるのですが、こういう形でそれが証明されるのは興味深いです。

速い決定と遅い決定

さて、本書のタイトルにもあるファースト&スロー。
これは脳の中でも、即座に答えを出す”システム1”と、反応に時間のかかる”システム2”があるというお話です。
そしてこのシステム1と、システム2は往々にして違う反応をする。
つまり即座に出した答えと、熟考した答えとは結果が違う、ということなのです。

そういったシステムが脳の中に誰にも備わっている。
このことをまずは知る事から始めるのがいいんじゃないか、そんな提案にも思えます。
人間関係、セールスやマネジメント、マーケティングや戦略、様々なところにこのシステム1と2との絡みがあり、それらに対応する方法がある。
こういった人間の二重の意思決定システムを様々な視点から見ていきます。

判断ミスを減らすためにも、ぜひ学んでおきたい一冊。

Amazonでのご購入はこちら

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




恐怖新聞(6)前のページ

超常戦士ケルマデック―あらゆる人生に奇跡を起こす不思議な物語次のページ

ピックアップ記事

  1. ある犬のおはなし
  2. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  3. 脳は「ものの見方」で進化する
  4. 成長マインドセット
  5. はじめに

関連記事

  1. ビジネス書

    人も自分も操れる! 暗示大全

    はじめの一行成功している人は暗示を上手に使っている…

  2. こばりひさ

    人をうごかすふしぎな力

    はじめの一行はじめにこの人といると、なんだか居…

  3. ビジネス書

    外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術

    はじめの一行はじめにすべてのことは「独学」で学…

  4. ビジネス書

    アフターデジタル オフラインのない時代に生き残る

    はじめの一行まえがき アフターデジタル時代のビジネ…

  5. ビジネス書

    人を動かす「仕掛け」 あなたはもうシカケにかかっている

    はじめの一行子供向けの学習漫画?本書は、表紙の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ビジネス書

    ドラッカー理論で成功する「ひとり起業」の強化書
  2. 石田久二

    僕らの魂が地球に放り込まれた理由-7人の神様に聞いてみました
  3. ビジネス書

    メタ思考トレーニング 発想力が飛躍的にアップする34問
  4. ヴィクトール・E・フランクル

    夜と霧
  5. 夏目漱石

    吾輩は猫である
PAGE TOP