実用書

増補版 相続・事業承継・認知症対策のための いちばんわかりやすい家族信託のはなし




はじめの一行

はじめに

本書は次のような人たちのために書いたものです。

・(自分・家族が)認知症になって、財産が凍結されると困る人
・知り合いが争族トラブルに巻き込まれたので、自分のときはトラブルを避けたい人
・家族信託の使い方を知って、自分のお客さんに提案したい人

新しい法律のパワーを知った日

晩秋のさわやかに晴れた日。東京である新しい法律の研修が行われていました。わたしも参加者の1人。その新しい法律のパワーを知った時、私は思わず「これはスゴイ!」と思いました。

増補版 相続・事業承継・認知症対策のための いちばんわかりやすい家族信託のはなし(川嵜一夫)

出だしからわかりやすいというか、本を開いて一ページ目に対象となる人のリストが飛び込んできます。
専門書っぽい内容にもかかわらず、よく考えられたまえがきだと思います。

本書の内容

争族・認知症対策の救世主?

たとえば一定の資産をもって認知症になってしまった場合。
これ、非常に厄介です。
自分で何かを契約したり、お金を払ったりすることはできないし、それを誰かが代行することもできません。
極端な話、銀行からお金を引き出すこともできないのです。(実務的には、ATMから出せばだれがやってもバレませんが・・・)

また、その方がなくなった時、残された遺産をどう分割するかは、遺言を残さなければ意志は反映されにくい。
しかし、この遺言を残したところで、それが正しく実行されるとは限らない。
なにしろ、遺留分というものがあるとか、親族が優先されるとか、まあいろんな縛りがあります。

しかし、信託契約を結んでおけば、生前から「何かがあれば財産の処分はAさんに任せる」ということができます。
その人というか、組織というか、そういった誰かに、財産の管理を任せ、その管理方法を事前に指示することができます。

非常に融通が利く制度なので、筆者が「スゴイ」と膝を打ったのもわかります。

専門的内容なのにわかりやすい

さて、この家族信託というのは法律や、税務に絡む話。
つまり、多くの人が、眠くなる話です(笑)
しかし本書は、ふんだんな事例と、わかりやすい表現(専門用語は極力使わない)、読みやすい文体で、すらすらと読むことができました。
実際のところは、わりと自分の将来が心配な人か、専門家が読むケースが多いと思いますが、読みやすいけど中身は充実してますのでけっこうおすすめです。
さすがの日本法令出版なので、時折法律などの改定に伴い、アップデートも行われているようです。

まずはざっくりと家族信託というものを知りたいな、と思う方は本書をお勧めします。

Amazonでのご購入はこちら

 

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




恐怖新聞(9)前のページ

探偵ガリレオ次のページ

ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  3. 成長マインドセット
  4. 脳は「ものの見方」で進化する
  5. ある犬のおはなし

関連記事

  1. 実用書

    ゼロトレ

    はじめの一行はじめにあなたが幼かったころ、体は…

  2. 実用書

    その不調、背中ストレッチが解決します。

    はじめの一行はじめに肩こり、腰痛、疲れ、冷え性…

  3. 実用書

    「吸いたい気持ち」がスッキリ消える リセット禁煙

    はじめの一行序章 とりあえずここだけは読んでくださ…

  4. ジェイソン・ファン

    トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ

    はじめの一行まえがき 世界で最も肥満について知りつ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 小説

    グレイヴデッガー
  2. 北川恵海

    ちょっと今から仕事やめてくる
  3. アーリック・ボーザー

    Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ
  4. マンガ

    「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)
  5. ブレンド・バーチャード

    自分を貫く
PAGE TOP