小説

探偵ガリレオ




はじめの一行

1

「……振り向いたところを見れば、夫は仮面をかぶっていた。銀色の金属でこしらえた無表情な仮面だった。感情を隠したいときにいつも使うこの仮面は、夫のやせた頬や頸や眉間にぴったりと合うように作られている。仮面をキラリと光らせて、夫は凶悪な武器を手にとり、じっと眺めた。その武器はーーー」
そこまで読んだとき、バイクのエンジン音が近づいてくるのを彼は聞いた。レイ・ブラッドペリの『火星年代記』を手に持ったまま、窓の手前に立ち、カーテンを細く開けた。

探偵ガリレオ(東野圭吾)

あえて、読んでいる小説のクライマックスでスタートするという技(笑)
さすが売れてる小説家は一味違いますね。

本書の内容

あの超ヒットシリーズ

本作は、誰もが知る超ヒットシリーズ。
ガリレオと言えば、福山雅治さん。
しかし、解説を読んでみると、東野さんは佐野史郎さんをイメージして書いていたそうな(笑)

実は私は、東野圭吾さんの本は以前に「予知夢」を見ています。
その時に文体なのか、話の進め方なのか、すごく読みにくさを感じて敬遠していました。
しかしたまたま、映画になった容疑者Xの献身や、真夏の方程式が良かったので、
じゃあ改めて読んでみよう。

そう思って手にとったのがこの本でした。
中身は短編集で、一つ一つ小さな話が独立しています。
それぞれの内容は非常に面白いトリックを使われています。
ただちょっと自分的にあわないな、と思ったのがストーリーの面白さを感じにくかった点。

全体として淡々と進む物語が、単体で読むと面白いのですが、また読みたいとはなかなか思えずにいます。

ここはたぶん、どこに関心を持つか?という読者の嗜好で左右されるのかもしれません。

どこかとぼけた、どこかクールなガリレオ

…とはいえ、主人公たるガリレオはなかなか面白いキャラクターです。
全体的にクールではあるのですが、どこかとぼけていて、
どこか熱い。

このキャラクターが、もっと自由に動き出すと、
このシリーズの面白さが際立ってくるのでしょうね。

ということで、また時々シリーズを読んでいきたいと面ます。

 

Amazonでのご購入はこちら

 

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. 成長マインドセット
  3. 脳は「ものの見方」で進化する
  4. ある犬のおはなし
  5. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

関連記事

  1. 小説

    幽霊人命救助隊

    はじめの一行ここはどこ?私は誰?断崖絶壁に、高…

  2. 小説

    記憶屋

    はじめの一行都市伝説この小説は、記憶屋という都…

  3. 小説

    がん消滅の罠 完全寛解の謎

    はじめの一行不思議な物語の始まり本書の始まりは…

  4. ピエール・ルメートル

    その女アレックス

    はじめの一行何気ない日常アレックスはその店で過…

  5. ココロ直

    ナユタン星からのアーカイヴ

    はじめの一行風変りいっっぷう変わった小説は、こ…

  6. テッド・チャン

    あなたの人生の物語

    はじめの一行二つの物語本書は、ふたつのストーリ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ノンフィクション

    天才! 成功する人々の法則
  2. ビジネス書

    なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?―小さな力で大きく動かす!システム思考…
  3. ビジネス書

    はじめてのカスタマージャーニーマップワークショップ(MarkeZine BOOK…
  4. ビジネス書

    親の会社を継いだ跡取りさんのお悩み解決読本
  5. アン・ハンドリー

    コンテンツ・マーケティング64の法則
PAGE TOP