ビジネス書

「本位力」の働き方~あと30年を輝かせる仕事と個人の改革~




はじめの一行

はじめに

改元の節目を迎え、本格的に令和の時代が始まりました。インターネットの発展により、情報の戦略的な重要性がこれまで以上に増し、労働力を提供する従業員が「個」としての性格を強め、起業、転職、副業など、自分で働き方を選択する時代になりました。
また、昨年には70年ぶりの大改革である働き方改革関連法が成立しましたが、「個」としての自分をどう変化させるのか、主体的な視点を持つことが期待されています。

「本位力」の働き方~あと30年を輝かせる仕事と個人の改革~(高原知子)

時代認識に関して、多くの人が、うんうんとうなずける内容からのスタート。
そんなかで、自分はどうすべきだろう?と考えている人にとっては、ツカミになるのかもしれません。

本書の内容

ひとことでいうと

本書をひとことで言うと、出産を機に、働き方を変えて起業までしてしまった著者のエッセイ的生き方指南書とでも言いましょうか。
タイトルの本位力というのは、まさに自分本位といわれるところの「本位」だと思います。

Amazonのジャンルが、「転職読み物」となっていますが、なるほど、そんな感じです。
確かに内容としては、ご自身が本位力を発揮するために気を付けている事などがしっかり描かれています。
たとえば、冒頭では情報収集についての心掛けが書いてあります。

これは果てしなく情報収集つづけると時間が足りない。
だからある程度その量をコントロールすべきという考え方です。

なるほど、今は情報をしっかりとることが大事と言われていますが、そこへのアンチテーゼは軽い衝撃を受けました。
確かにそうだよな、と。

私に関して言えば、情報収集が趣味という一面もあるのでそこそこ時間を当てていますが、主婦業と兼務となればそういうわけにもいかないのでしょう。
その中でのご苦労は、本書の隙間からにじみ出てきているような気がします。

ノウハウより方向性

ということで、ノウハウめいた話もご紹介がありますが、中心テーマは方向感。
原理原則というか、どういう軸で生きていくかを考えよう、ということを大事にされているように思います。
子どもができて、社会から離れたものの、復帰したいなと思っている人。
今の生き方でいいのだろうか?と疑問を持ち始めた人。
そんな人に読んでいただけるといいかもしれません。

Amazonでのご購入はこちら

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




最高の「考え方」:「自分が好きになる」心理アプローチ大全前のページ

万能鑑定士Qの事件簿XII次のページ

ピックアップ記事

  1. ある犬のおはなし
  2. 脳は「ものの見方」で進化する
  3. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  4. 成長マインドセット
  5. はじめに

関連記事

  1. ビジネス書

    成功しているファミリービジネスは、何をどう変えているのか?

    はじめの一行はじめに日本には、業歴が100年を…

  2. ピーター・クライン

    エブリデイ・ジーニアス 「天才」を生み出す新しい学習法

    はじめの一行はじめに……本書の活用法子どものこ…

  3. ビジネス書

    大きな嘘の木の下で ~僕がOWNDAYSを経営しながら考えていた10のウソ。~

    はじめの一行はじめに僕は決してエリートではない…

  4. バズ部

    10倍売れるWEBコピーライティング

    はじめの一行実績を作った組織のノウハウを公開著者の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 自己啓発

    現代語訳 論語と算盤
  2. ビジネス書

    最強の縄文型ビジネス イノベーションを生み出す4つの原則
  3. 久坂部羊

    廃用身
  4. 小説

    万能鑑定士Qの事件簿V
  5. ノンフィクション

    ウイルスは悪者か―お侍先生のウイルス学講義
PAGE TOP