ビジネス書

2人から100人でもできる! 15分でチームワークを高めるゲーム39




はじめの一行

はじめに

所要時間は15分以内

忙しいマネジャー(およびチームメンバー)に、チームワーク構築のために何時間も費やしている余裕はありません。そこで、簡単で効果が確実に上がるゲームを活用しましょう。本書で取り上げるゲームは、話し合いの時間を含めて15分以内で完了できます。
果たして15分以内のゲームで本当に効果があるのでしょうか?答えはイエス。もちろん、永年の問題はそう簡単に解決されませんし、永年対立してきた者同士が親友になることもないでしょう。

2人から100人でもできる! 15分でチームワークを高めるゲーム39(ブライアン・コール・ミラー)

どんないい方法でも、手間がかかったり、時間がかかったり、難しかったり、特殊な道が必要だったりすると、実行が難しくなります。
しかし、忙しいビジネスの現場という事を想定して「15分以内」という制限をつけていることで、実践しやすさを感じさせるまえがきになっているように感じられます。

本書の内容

体験から学ぶ

チームに対して、「メンバーと仲良く」と言ったってできるはずもありません。
人の気持ちを考えて、と言ったって多少気を付けることはあっても、難しいことです。
しかし、これを体感ゲームとして感じ取ることで、「ああ、そういうことか」という気付きになります。

ところで人は、誰かに何かを言われようと、強制しようと、変わることはありません。
唯一変わることができるのは、本人が、変わろうと思ったときだけ。
それを促すのは「経験」という刺激。

その刺激を提供するのが本書のワークと言えそうです。

時には劇薬も

一見、似たようなゲームも、少しずつ目的が違っています。
本書には、そのワークが何を目指しているのかが書かれています。
しかし、リーダーは語りすぎないほうがいいようです。
そういったゲームから何を受け取るかは、人それぞれ。
その、メンバーそれぞれの感覚を大事にすることが必要なようです。

となると、本書の中にはけっこうな劇薬も紛れ込んでいます。
これをやると、もしかしたらうちのチームだとちょっともめるかもしれない…的な。

そのあたりは、ファシリテーターの技量が試されるところ。
そんな意識をしつつ、どのワークをどのチームに対してやるかはある程度事前の精査が必要かもしれません。

講師業をされている方にとっては、講座はじめのアイスブレイク、
会議前のアイスブレイク、
そんな用途に活用できそうです。

Amazonでのご購入はこちら

 

 【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ピックアップ記事

  1. 脳は「ものの見方」で進化する
  2. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  3. ある犬のおはなし
  4. はじめに
  5. 成長マインドセット

関連記事

  1. ビジネス書

    脳科学マーケティング100の心理技術

    はじめの一行はじめに なぜ今 脳科学マーケティング…

  2. ビジネス書

    日本人のためのお金の増やし方大全

    はじめの一行序文過去40年間、私はベストセラー…

  3. ビジネス書

    日本と日本人について

    はじめの一行まえがき先に、『人間を考えるーーー…

  4. ビジネス書

    続 会社の寿命

    はじめの一行はしがき『日経ビジネス』が特集記事…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. デイビッド・サックス

    アナログの逆襲: 「ポストデジタル経済」へ、ビジネスや発想はこう変わる
  2. 七尾与史

    死亡フラグが立ちました!
  3. ビジネス書

    直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN
  4. 小説

    夢のカルテ
  5. 小説

    東京結合人間
PAGE TOP