ロバート・A・ハインライン

宇宙の戦士




はじめの一行

唐突に始まる物語

今まで紹介した日本の小説のほとんどが、初めの一行で主人公の名前を明らかにしています。
しかし、この小説は、「おれ」の名前が初めて出てくるのは4ページ目。
これが何かしらの意味があるのかどうかはわかりませんが、ちょっとした特徴かもしれません。

おれはいつだって降下の前になると、あの震えがやってくる。もちろん注射も予防催眠もうけてはいるが、そうかといって本当におれが恐怖をおぼえなくてすむというわけではない。艦に乗っている精神病医は、おれが眠っている間に脳波をしらべ、馬鹿げた質問をし、そのあとで、それは恐怖でもなんでもない、ただ、はやりたった競馬馬が出走の前に震えているみたいなもんだという。

宇宙の戦士(ロバート・A・ハインライン)

もうすこし読み進めるとわかるのですが、これは主人公が戦闘前に持つ心境。
いきなり線上に赴く主人公の状態からの描写です。

「おれ」の物語の中心

この物語の主人公である、「おれ」については、実は学生時代から描かれています。どちらかと言えば硬派とはいがたい「おれ」がいっぱしの男に成長する物語。
タイトルから想像できるように、舞台は未来(といっても執筆当時から言う未来で、今から見ると過去ではあるのですが)の宇宙。
おれたちは、宇宙の敵と戦っているのです。
この時点で、荒唐無稽なSFのイメージが付きまといますが、読んでいくと割とリアリティのありそうな内容です。

本書の内容

宇宙の戦場を舞台にした成長ドラマ

舞台設定は先程も書いたとおり、宇宙の戦場です。
機動歩兵部隊という、まあいってみればモビルスーツみたいなものに身を包み、宇宙の敵と戦うわけです。
その戦争の在り方云々というはなしではなく、そういった舞台に入隊し、戦場で少しずつ大人の階段(?)を上っていく主人公の成功物語。

実は、この原作はハリウッドで映画化されています。
タイトルは、
スターシップトゥルーパーズ

映画も見ましたが、似て非ざるもの・・・
というより、にてさえもいません(笑)
もう全くの別物。

小説では割と人にフォーカスが当てられていますが、映画はどちらかと言えばドンパチが中心。
良くも悪くもハリウッド的なのですが、ありがちなアメコミ的な描かれ方がされていました。

ただ、本書は結構深い内容で、内容はなかなか素晴らしいものだと思います。
映画を見て楽しんだ人も、がっかりした人も、この古典的SF小説、手に取ってみてはいかがでしょうか。

本書のご購入はこちら。(翻訳が新訳となっているので、私の読んだものとは異なっています。)




売れる文章術前のページ

ストレンジ・シチュエーション 行動心理捜査官・楯岡絵麻次のページ

ピックアップ記事

  1. ある犬のおはなし
  2. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  3. 脳は「ものの見方」で進化する
  4. はじめに
  5. 成長マインドセット

関連記事

  1. 小説

    パラレルワールドで待ち合わせ

    はじめの1行プロローグ彼は今、息をしているのだ…

  2. 小説

    千里眼 運命の暗示 完全版―クラシックシリーズ〈3〉

    はじめの一行ディフェンダー薄暗い部屋の中で、鍛…

  3. 久坂部羊

    廃用身

    はじめの一行まえがき「廃用身」という言葉をご存…

  4. 夏目漱石

    吾輩は猫である

    はじめの一行あまりに有名な書き出しこの本、多分…

  5. 小説

    クラシックシリーズ8 ヘーメラーの千里眼 完全版 上

    はじめの一行遠雷八月の炎天下の日、雲ひとつない…

  6. 原田マハ

    楽園のカンヴァス

    はじめの一行生き生きとした絵画の描写本書の始ま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 岸見一郎

    先に亡くなる親といい関係を築くためのアドラー心理学
  2. スタニスラス・ドゥアンヌ

    意識と脳――思考はいかにコード化されるか
  3. ひすいこたろう

    悪魔とのおしゃべり
  4. ノンフィクション

    日月神示 覚醒と実践: 天変地異を乗り越え、神仕組みへの正念場
  5. ガイ・ウィンチ

    NYの人気セラピストが教える 自分で心を手当てする方法
PAGE TOP