ビジネス書

4000万人の購買データからわかった! 売れない時代にすぐ売る技術




はじめの一行

はじめに

ほとんどの人にとっての「成果」とは、自分の売上、もしくは会社の売上を上げることです。しかし、「売上の正体」をちゃんと把握している人はほとんどいません。
仕事がうまくいかないと悩んでいる人は、十中八九、「売上の正体」を知りません。
そのため、どのように成果を出せばいいのかわからずに、余計な苦労ばかりして結果を出せていないのです。
「売上の正体」を知らずして売上を上げるのは、相手を知らずして闘うのと同じこと。
売上が上がらなくてもそれは当然です。
まずは売り上げが「何か」を知らなければいけません。

売上=訪問数×転換率(コンバージョン)×客単価

4000万人の購買データからわかった! 売れない時代にすぐ売る技術(大原昌人)

このまえがきを読んで、私は「えっ?」とおもいました。
なぜなら、ここでいう売上の正体というのが、実はいろんなところで使い古されている公式だったからです。
恐らくセールス本では、「転換率」を「成約率」にかえて出てくるものです。
だからこの話に何の目新しさも感じないのですが、一方で、楽天での4000万人の購買データを分析した人の言葉です。
逆に、何か仕掛けがあるに違いない。
そんな風に思った人は多いのではないでしょうか。

本書の内容

正しいのはデータ

セールス、マーケティングにおいて、実は意外とデータを軽視することも結構あるものです。
最終的には自分の感性だ、なんていうことで、やっちゃって、やらかしちゃう。
本書はとにかく、データを中心にマーケティングを組む、という基本に忠実であることを目指します。

そして冒頭の公式、

売上=訪問数×転換率(コンバージョン)×客単価

においても、何かうまくいかないことがあれば、ここへ立ち返ろうと言います。
訪問数(来店数)が悪いのか、転換率が悪いのか、客単価が悪いのか。

そして著者は、手を入れるに際してはまず訪問数(来店数)を確保することを推奨しています。
ただし重要度が高いのはむしろ、転換率。
本来は転換率を優先すべきだけど、まずは売上を上げるために訪問数の改善から始めよう、と提案しています。

具体的なノウハウ

本書は、先に挙げたように、比較的具体的なノウハウが掲載されています。
じゃあ訪問数を上げるにはどうするか?ということで、SEO対策だの、使うべき広告媒体など、かなり具体的。
しかしまあ、この厚さですべてを網羅しきれるわけではないので、それぞれのノウハウが単発的に書かれている感じは否めません。
そんな事を考えると、これからマーケティングやるけど、って人が根本的な基礎知識を頭に入れる入門書としてはいい感じじゃないかと思います。
正直なところ、マーケティングに関する具体的知識は、けっこう変わっていきます。
たとえば、申し込みボタンの色なんて、オレンジがいいとか、緑がいいとか、色々変化するようです。
それを本で身に着けるというよりかは、そういうこともあるんだな、という事をまずは知って、あとは自分でやって検証していく感じじゃないかと思います。

この世界、自分自身での研究はなしにできませんが、その基本を学ぶ上では参考になる一冊だと思います。

Amazonでのご購入はこちら

 

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




人生が大きく変わる! 時空の超え方前のページ

文系でもよくわかる 世界の仕組みを物理学で知る次のページ

ピックアップ記事

  1. 脳は「ものの見方」で進化する
  2. はじめに
  3. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  4. 成長マインドセット
  5. ある犬のおはなし

関連記事

  1. W・チャン・キム

    ブルー・オーシャン・シフト

    はじめの一行はじめにウォルト・ホイットマン(ア…

  2. ビジネス書

    教養としてのプログラミング講座

    はじめの一行執筆のきっかけ本書は、著者の過去の…

  3. ダニエル・カーネマン

    ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか?

    はじめの一行序論本を書く人なら誰でも、読者が自…

  4. ビジネス書

    人を動かす「仕掛け」 あなたはもうシカケにかかっている

    はじめの一行子供向けの学習漫画?本書は、表紙の…

  5. ビジネス書

    メモの魔力 The Magic of Memos

    はじめの一行序章「メモの魔力」を持てば世界に敵…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 小説

    リバース
  2. つのだじろう

    恐怖新聞(8)
  3. ビジネス書

    全員経営者マインドセット――MSマトリクスで実現する次世代組織
  4. ビジネス書

    リビング・シフト 面白法人カヤックが考える未来
  5. アニータ・ムアジャーニ

    もしここが天国だったら? ― あなたを制限する信念から自由になり、本当の自分を生…
PAGE TOP