ノンフィクション

文系でもよくわかる 世界の仕組みを物理学で知る




はじめの一行

はじめに

みなさんは物理学に対してどんなイメージを持っているだろうか。残念ながら、学生時代に苦手、難しい、楽しくないといったイメージを植え付けられ、大人になってからも縁遠いまま過ごしている人は少なくないだろう。
しかし、物理学を専門としている身としては、とてももったいないと思う。誤解を恐れずに言えば、物理学を知っていると、見える景色が変わり、世界が変わる。

文系でもよくわかる 世界の仕組みを物理学で知る(松原隆彦)

「文系でもよくわかる」というタイトルをつけるだけあって、まえがきはそういった読者層に寄り添う感じ。
ああ、これなら自分でも読めるかも、と思わせ、夢を持たせ、いい感じのまえがきですね。

本書の内容

物理学とは

そもそも、物理学とは何だろうか。
そういった問いに本書は、「物の理(ことわり)」を解き明かす学問と答えます。
なるほど、天動説が地動説に入れ替わり、万有引力の法則が見つかり、さらには相対性理論で引力の正体が明らかになる。
まあなんとも壮大な話です。

そして、そういったものの理が一つずつ明らかになるにつれ、私たちの世界観はずいぶんと変わってきます。
かつては、物理学によれば、未来は正確に予言できるという考え方があったそうです。
なにしろ、モノの動きはすべて公式化されていくわけですから、すべての事象を計算していくと、未来はわかる。

しかし、感覚的にそういったことは受け入れにくいのですが、そうではないことを証明したのが量子論。

まあこういった様々な物理の流れを、一歳の数式などを使うことなく、非常に平易なわかりやすい筆致で開設したのが本書、というご紹介になろうかと思います。

広くて浅い

そういった性質の本である上に、本書は著者の専門分野である宇宙物理の話に到達したいという意図があるようです。
ウォール街におけるAIによる投資や、株価予測に始まり、地球の環境について、光について、素粒子などについて、時間について、そして量子論や宇宙の始まりについて。
こういった内容を網羅するので、比較的、駆け足です。
説明は丁寧ですが、一つ一つのトピックへの踏み込みは少し浅めにしています。

ですから、文系の人でなんとなく物理や宇宙に関心はあるんだけど、なんていう人がはじめに読む本としては最適だと思います。
各ジャンルで知識を深めたい場合は、そちらのテーマの本をあらためて購入されるのがいいかもしれません。

Amazonでのご購入はこちら

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




4000万人の購買データからわかった! 売れない時代にすぐ売る技術前のページ

その悩み、哲学者がすでに答えを出しています次のページ

ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  3. ある犬のおはなし
  4. 成長マインドセット
  5. 脳は「ものの見方」で進化する

関連記事

  1. ノンフィクション

    おじさんメモリアル

    はじめの一行エピソードからはじまる一冊本書は、…

  2. ノンフィクション

    俺か、俺以外か。 ローランドという生き方

    はじめの一行プロローグこの本を手にとってくださ…

  3. スタニスラス・ドゥアンヌ

    意識と脳――思考はいかにコード化されるか

    はじめの一行序 思考の材料ラスコー洞窟の奥深く…

  4. ノンフィクション

    Mr.都市伝説 関暁夫のファーストコンタクト バシャール対談

    はじめの一行はじめにすぅ・ご・い・で・す!!!…

  5. ダニエル・カーネマン

    ファスト&スロー(下) あなたの意思はどのように決まるか?

    はじめの一行第22章 エキスパートの直感は信用でき…

  6. ノンフィクション

    ユング心理学入門

    はじめの一行はしがきスイスの精神医学者ユングの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ノンフィクション

    飛田で生きる: 遊郭経営10年、現在、スカウトマンの告白
  2. ビジネス書

    ぼくらの仮説が世界をつくる
  3. 小説

    万能鑑定士Qの事件簿VI
  4. 佐藤青南

    ツインソウル 行動心理捜査官・楯岡絵麻
  5. Jam

    多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。
PAGE TOP